PHP逆引きレシピ

 最近はブロードバンドが普及したことやWeb上に数多くの情報があることから何かを調べる時はインターネットを使用します。しかし、ちょっと前まではインターネットの環境がこれほど速くはなく、Web上の情報が今よりも少ないこともあり何かを調べる時は必ずと言っていいほど専門の「」で調べていました。

 その名残で私の後ろには数多くの書籍が並んでいます。今では昔ほど書籍を開くことが少なくなったのですが、それでも使い慣れた書籍はよく開くことがあります。開くことのない書籍は処分すればいいのかもしれないのですが、いくら使わなくても処分することは中々できないものです。

 そんな本棚にまた新しい本が加わることになりました。実は、今回は本を購入したのではなく・・・

抽選で当たっちゃいました
\(^O^)/

 当たった書籍というのはPHP 逆引きレシピという書籍。以前から、Web上では結構好評で気にはなっていた書籍の1つです。さて、その詳細については以下に。

 実はこのPHP 逆引きレシピのプレゼントを知ったのは去年の10月頃です。Twitter上でこの本のプレゼントをやっていることをつぶやいていたのを見て、早々に応募。しかし、この時は残念ながらハズレとなってしまいました。まあ、プレゼント数が3名と言うことだったので、ダメ元の応募でした。

 その後、しばらくすると、またある方がTwitter上で「祝!1万部超え『PHP逆引きレシピ』プレゼントキャンペーン」を行っていることをつぶやいてくれました。今回の当選者数も3名。「今回もダメだろう」と言う思いと「もしかしたら・・・」という思いで再度挑戦。

 しばらくして、忘れかけていたところで一通のメールが、そのメールには

件名:PHP逆引きレシピ当選のお知らせ

祝!1万部超え『PHP逆引きレシピ』プレゼントキャンペーン
にご応募ありがとうございます。

抽選の結果、当選いたしました。おめでとうございます。

つきましては、書籍の送付先をお知らせください・・・

と書かれていました。まあ、ビックリしました。まさか、当選するとは。早々に必要事項を記入して返信メール。その後、まだかな♪まだかな♪とワクワクしながら待っていたところ、昨日!届きました!送付元は翔泳社。メチャクチャ嬉しいです!

PHP逆引きレシピ

昨日、届いた「PHP逆引きレシピ」

 まだ、昨日、届いたばかりなので中は全部見ていませんが、かなり親切に書かれている様子です。書かれている内容はこちらのサイトに目次書かれているのでどのような項目に対して書かれているかわかると思いますが、いずれも多少PHPをやったことがある人なら
 「こんなことをやりたいんだけど関数は何だっけな~?」
なんていうちょっと忘れてしまったことがほとんど全部書かれています。それも、その方法というのが1つの答えではなく複数の答えが明記されています。どういうことかというと、例えば「月末日を求めたい」のページを見てみるとmktime()関数とdate()関数を使用した場合の求め方の2つが明記されているのです。どちらも同じ答えになるのですが、偏った回答ではないというのはなかなか親切な本かと思います。

 PHPでプログラムを書く時はPHPのリファレンス本を片手に開発を行ってきましたが、これからはこの「PHP逆引きレシピ」の本もこれからは愛用書になるかもしれません。今回のプレゼントは本当に感謝です。関係者の方、ありがとうございましたm(__)m

PHP逆引きレシピ オフィシャルサポート

PHP 逆引きレシピ (PROGRAMMER'S RECiPE)

価格¥191

順位404,444位

鈴木 憲治, 安藤 建一, 山田 直明, ほか

発行翔泳社

発売日2009/06/30

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API