確か、私が公開したフリーソフトを掲載してくれたのが、2004年12月号の月刊 DBマガジンだったと思います。その後、何度か掲載してくれた非常にお世話になった雑誌なのですが、残念ながら2010年9月号(2010年7月24日発売)で休刊となってしまいます。データベース専用雑誌というかなりマニアックな分野の雑誌でしたが、お世話になっただけになくなってしまうのはちょっと残念です。今までありがとうございましたm(__)m

 けど、消える物があれば新たに生まれる物もあります。新しく生まれる雑誌というのはタイトルが「プログラミングの魔導書 ~Programmers’ Grimoire~」と何ともすごい名前の雑誌です。「魔導」という単語を調べてみると

  1. 悪の世界。悪の道。悪魔のような悪い行為。
  2. 仏語。欲界第六の他化自在天。天子魔の住む世界。または悪魔のたぐいが住む世界。

(国語大辞典 小学館より)

と何ともすごい意味です(゚◇゚)。さて、この雑誌はどのような書籍なのかについては下記を参照ください。

 今回新しく生まれる雑誌「プログラミングの魔導書 ~Programmers’ Grimoire~」は株式会社ロングゲートという会社が発売する雑誌。この雑誌の目的は

プログラミングの入門記事が巷に溢れる今、プログラマのさらなる成長のため情報発信を行い、業界全体の技術力を向上させることです。

プログラミングの魔導書 ~Programmers' Grimoire~  Vol.1 「Construct the World, C++」

プログラミングの魔導書 ~Programmers' Grimoire~ Vol.1 「Construct the World, C++」

とのこと。不定期で発行されるようでPDFでも購入することが可能とのこと。創刊の第1号はC++についての特集で「Construct the World, C++」と題され、最初から最後まで全てがC++についての記事と言うことです。目次は以下の通りで

  1. 創刊に向けて
  2. Bjarne Stroustrupへのインタビュー 2
  3. boost::serialization の紹介 前編 2 3 4
  4. Variadic Template -お前を待っていた-
  5. Chronoライブラリで考える型システム
  6. オーブンレンジクッキング 2
  7. Hello,C++ World!
  8. Crawling in the Stream
  9. メタプログラミングノキワミ アッー!
  10. Boost.AsioによるHTTP通信入門
  11. C++の歴史
  12. BoostCon2010体験記

内容的にはかなりマニアックな内容なので、C++で開発を行っている人は購入してみてはいかがでしょう。Amazonや書店等で販売されるのかは不明ですが、近いうちにロングゲートのサイトで購入できるようです。ちなみに価格は書籍版が1,500円。PDF版が1,000円です。

 私はC++での開発は行っていないので、PHPの特集になったら購入してみようかなと思います。

株式会社ロングゲート – 製品案内
Faith and Brave – C++で遊ぼう

C++プログラミング入門

価格¥3,080

順位125,134位

サティア,グレゴリー, ブラウン,ダウグ

原著Satir,Gregory, Brown,Doug

翻訳康司, 望月, 功, 谷口

発行オライリー・ジャパン

発売日2001/11/01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API