新書「妻に捧げた1778話」

どこだか忘れましたが芸人のメイプル超合金のカズレーザーが絶賛したというのを聞いて、早々購入したのが「妻に捧げた1778話」です。下記にその紹介と感想を明記しておきます。

まずは出版社の紹介文です。

余命は一年、そう宣告された妻のために、小説家である夫は、とても不可能と思われる約束をした。しかし、夫はその言葉通り、毎日一篇のお話を書き続けた。五年間頑張った妻が亡くなった日の最後の原稿、最後の行に夫は書いた──「また一緒に暮らしましょう」。妻のために書かれた1778篇から19篇を選び、妻の闘病生活と夫婦の長かった結婚生活を振り返るエッセイを合わせたちょっと変わった愛妻物語。

上記の紹介文にも書かれているとおりこの本には1778話の話しは掲載されていません。そして、その1話は通常の短編小説よりも短くページ数にして4、5ページほどの話しです。これほど短い話しをまとめた本というのはあまり無いと思います。そのため著者は「ショートショート」と命名しています。その内容は様々で、落ちがあるストーリーもあれば、ちょっとふんわりしたような最後で終わる話しと様々な内容が掲載されています。

たった19話だけですが、面白い話もあれば「ふーん」と思うような話しもあり、私としては楽しめる話しだと思います。これを奥様はどう思ったかは夫婦のかなでわかっていればいいことでしょう。

本はそのショートショートのストーリー以外にその話しの解説やその時の著者の思いなどが書かれています。そして、最後にはそのショートショートの最後が哀しくもそして重い話が書かれています。それは読んでお楽しみください。

この本は本当にいい本です。著者は小説家であるからこのような1日1話の話を書いて奥様に読ませることができますが、小説家ではない私が同じ様な立場になったら「何ができるのか?」と思っちゃいます。文章が書けるって素晴らしいですね。私はまとまりのないブログを書くので精一杯です(汗)

興味のある人はぜひ読んでみてください。

それと、私はこの本を読んで非常に気になった一文があります。それはショートショートのストーリーではなく一番最初に書かれた一文です。それはある女性が著者に言ったことで

夫が亡くなったときに、忠告してくれた人があるんですよ。これから一年間は、新しいことを始めてはならない。きっと判断を間違う。変になっているから---というわけです。後になって本当にそうだと思いました。

これを読んで身内が亡くなったら一年間は喪に服して、年賀状などの挨拶は行わないといわれます。なぜ、一年間という長い期間、喪に服して大人しくしていなければならないというのが何となく理解できるような気がしました。この本とは全然関係ない内容かもしれませんが、ちょっと思ったので明記しておきます。

妻に捧げた1778話 (新潮新書)

著者/訳者:眉村 卓

出版社:新潮社( 2004-05-16 )

定価:

Amazon価格:¥ 711

新書 ( 208 ページ )

ISBN-10 : 9784106100697

ISBN-13 : 9784106100697