プログラマが知るべき97のこと

 プログラマがアプリケーションなどのソフトウェアを作るには、パソコンなどの端末とプログラムを作るための技術が必要です。しかし、プログラムを作る上ではプログラミング言語などの知識やテクニック以外に、言語の枠にとらわれない共通の原則やルールがあります。

 それらプログラマ共通のルールや原則などを一流のプログラマが語った内容をまとめた書籍「プログラマが知るべき97のこと」がネット上で公開されていますので、下記に紹介します。

 この書籍「プログラマが知るべき97のこと」は著名なプログラマがいろいろなことを書いて教えてくれる教科書のような本です。私もほしいと思ったほんの一つでしたが、購入する機会はありませんでした。そんなことを思っていたらどういうわけなのかWeb上で無償公開されているのです。本として手にすることはできませんが、知識を得る上ではWeb上でも十分得るものがあります。

 サイト内の「サイト情報」を見ると

当サイトはオライリー・ジャパンによる公式なサイトではありません。
オライリー・ジャパンより出版されている「プログラマが知るべき97のこと」の文字をおこし、掲載しています(都合により、一部変更している部分があります)。

 ん~、何とも不思議な一分です。普通なら著作権等の問題で本の内容をWeb上に掲載することは問題があるはずなのですが、堂々と掲載しています。なぜでしょうね?

 「書籍情報」の「使用許可」には

個々のエッセイはクリエイティブ・コモンズ表示3.0の条件の下で、自由に使用することが出来ます。

と、書かれ下記のリンクが貼られています。

Creative Commons — 表示 3.0 アメリカ合衆国 — CC BY 3.0 US

 書籍に書かれた内容は全てこのライセンスに則っているため自由に公開してもいいと言うことですかね?いずれにしても無償で読めるのは非常にありがたいことです。ありがたく利用させていただこうと思います。

プログラマが知るべき97のこと

プログラマが知るべき97のこと

価格¥2,090

順位66,066位

監修和田 卓人

編集Kevlin Henney

翻訳夏目 大

発行オライリージャパン

発売日2010/12/18

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API