本「デラックスじゃない」

マツコ・デラックスさんが書いた本「デラックスじゃない」を読んだので、下記にその紹介と感想を明記します。

まずは出版社による紹介文はこちらになります。

8年にわたり時事とともに「いまのマツコ」を作った出来事を激語り。 「この業界に飛び込んでみて、自分がなんてつまらない人間なのかと愕然とした」など自身のこれまでを顧みたり、フェイスブックやツイッターへの悪ふざけ投稿が起これば「負のパワーはネットに吐き出さず、自分のためにぶつけてほしいわ」と社会への違和感を語る。さらに、現在、自らを電波芸者と名乗るマツコが、なぜテレビの住人になったのか、その意地と覚悟も赤裸々に! そんなストイックな姿の一方、マツコB面ともいうべきプライベートは超自堕落!「ビールを飲んでももう全く酔わない」など、知られざるマツコの姿も収録。極端なほどにふりきれた、「デラックスじゃない」刹那的なマツコの過去・現在・未来からは、8年を経て「変わらないマツコと変わるマツコ」の姿が見えてくる。文庫化に際して、2016年現在のマツコの思いも加筆収録。

この本の紹介について上記の出版社の紹介が一番きれいにまとめられています。

私は個人的にマツコ・デラックスさんが興味があり、好きな芸能人の一人でもあります。テレビでは他の芸能人に対して視聴者が思っているであろうことをズバズバ言ったり毒舌であることは死っての通りです。はたまた先輩や目上の人に対してはきちんとした対応を図る人で、おそらく頭の良い人だと私は思っています。

そんな好きな芸能人であるマツコさんが私生活やテレビなどのメディアに出てこないところではどのような生活、考え方をしているのかは気になっていました。マツコさん以外でも気になる芸能人が普段どうしているのかが気になる人もいることでしょう。この本ではその様なマツコさんの裏の場面を見ることができ、非常に面白かった本の一つです。

芸能人の本なんてものは面白いものは少ないと思っていますが、もともとマツコさんは物書きの人ということもあり、面白く読むことができました。文章がまるで話しているかのような書き方(口頭語)ではありますが、考え方がわかりやすく書かれていて、読んでいてもスラスラ読める本です。もし、興味のある人は手に取ってみてはいかがでしょう。

最近、人に対してきつい言葉が少なくなり、丸くなったように感じた人はその答えが書かれていますよ。

デラックスじゃない (双葉文庫)

著者/訳者:マツコ・デラックス

出版社:双葉社( 2016-06-16 )

定価:

Amazon価格:¥ 620

文庫 ( 240 ページ )

ISBN-10 : 4575714542

ISBN-13 : 9784575714548