本-石原慎太郎著「天才」

元東京都知事でもある石原慎太郎氏が書いた「天才」を読んだので、下記にその概要と感想を明記しておきます。

まず、出版社による紹介文は以下の通りになります。

高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど、激動の戦後政治を牽引した田中角栄。
その経歴から総理就任時には「庶民宰相」「今太閤」と国民に持てはやされ、戦後では最高の内閣支持率を得たが、常識を超える金権体質を糾弾され、総理を辞任。その後、ロッキード事件で受託収賄罪に問われて有罪判決を受けるも、100名以上の国会議員が所属する派閥を率い、大平・鈴木・中曽根内閣の誕生に影響力を行使。長らく「闇将軍」「キングメーカー」として政界に君臨した。
そんな希代の政治家・田中角栄といえば、類まれな権謀術数と人心掌握術に注目が集まるが、実はスケールが大きいわりに人一倍デリケートな一面があった。浪花節と映画をこよなく愛する、家族思いの人情家だったという。
強烈な個性をもったリーダーが不在の今、自らも政治家として田中角栄と相まみえた著者が、毀誉褒貶半ばするその真の姿を「田中角栄」のモノローグで描く意欲作。

字に強い、駆け引きが上手い、義理人情を欠かさない。
それが高等小学校での男が伸し上がる武器だった――。

この本は上記にも書かれているとおり元内閣総理大臣である田中角栄の生まれてから死ぬまでの一生を綴った自伝になっています。

私は政治的な内容の本を読むのはあまり好まず、且つ、石原慎太郎があまり好きでも無かったことからこの本にはさほど興味はありませんでした。しかし、この本はベストセラーにもなってかなり話題を集めているということから、試しに読んでみました。

ここ最近は政治に対して「あ~」だの「こ~」だの多少いうようになりましたが、好きか嫌いかと言えばあまり好きではない分野です。好き嫌いだけではなく政治のこともそんなに詳しくないので、読んでいても過去の人物についてそれほど知らないのでわからないところもありました。

そんな状態の自分がこの本を読んで思ったのは、田中角栄という人は日本を変えるために本当に頑張った人で、頑張りすぎたために外部からの陰謀で潰されてしまった、正に「出る杭は打たれる」にマッチしてしまった人なんだと思います。そして、(失礼ですが)外観とは違って映画好きで、人を愛することが出来る人でもあると思いました。

この本を一冊読んだだけなので本当の田中角栄のことはよく知りませんが、この本を読む限りでは今の日本にこのような政治家がいればもっと良い日本ができるかもしれないと思います。当時のように(言葉が正しいかわかりませんが)金をばらまくようなことをして政治を作っていくことが、昔以上に今は許されないかもしれません。けど、本当に日本を良くしようとして必要ならありなのかもしれません。

今の世の中にはこのような政治家はいないのでしょうか?今の時代だからこそこういう人は出来ないのかな?芯を持って力強く日本を引っ張っていく政治家を是非作ってほしいものです。

そう思える内容の本でした。興味があれば読んでみてください。

天才

著者/訳者:石原 慎太郎

出版社:幻冬舎( 2016-01-22 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,512

単行本 ( 226 ページ )

ISBN-10 : 4344028775

ISBN-13 : 9784344028777