本「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」

一冊の本を読み終えたので下記にその概要と感想を明記します。今回読み終えたのは「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」です。

まず、この本の出版社による概要を明記しておきます。

「お金の話なのに泣けた」
「この本を読んだ日から人生が変わった」・・・
アメリカ人の老富豪と日本人青年の出会いと成長の物語は、これからの人生を豊かに生きていくヒントに満ちあふれ、大きな反響を呼んでいる!
「お金の法則を学ぶ」
「失敗とうまくつき合う」
「スピーチの天才になる」
「人脈を使いこなす」
「自分のビジネスをもつ」などなど、成功力がつく。

まず、タイトルにある「ユダヤ人」というのは特に気にする必要はありません。人種や宗教的なものなどは特にありません。

この本のタイトルには「幸せな金持ちになる」とありますが、金持ちになる方法がメインで書かれているわけではありません。本を読んで金持ちになれたら、この本をみんなが読むことでしょう。本を読んで金持ちにはなれませんから。お金がほしければきちんと働くことです。この本にも書かれています。

では、この本には何が書かれているのかというと、お金持ちの気持ち。お金持ちになったとき、なるための心構え。お金に対する考え方などです。これを見て
「なんだ~」
と思う方もいるかもしれませんが、その心構えとお金を稼ぐことができれば、もしかしたらお金持ちになれるかもしれませんよ。但し、お金持ちになっても幸せになれるとは限りませんが。どういうことかはこの本を読んでみればいいかと思います。

先日から「カインとアベル」というドラマが放送されていました。特に興味はなかったのですが、たまたま見てみたら、主役の高田優が役員になって、天狗になり、周りが離れていく回を見ました。これを見て思ったのが
「この本を読んでいれば、このような間違いにはならなかったかもしれない」
ということです。

私的には非常に面白く、ためになる本なので、ずっと手元に置いて繰り返し読んでみたい本だと思いました(読むかどうかはわかりませんが(笑))。

ただ、ちょっと残念なのが、読み終えたあとに調べてみると第2弾第3弾の続編がこの本にはあることです。実際に読んでいないので、どのようなことが書かれているのかわかりませんが、今回読んだ本で完結してほしかったです。私の勝手な考えですが、著者は自分の体験からこれら知識を広めたいと思って出したのであって、利益を得るために出したのではないと感じたかったからです。第2、第3弾と出されると「美味しい蜜をもっと舐めたかったのか?」と思ってしまいます。

そうは書いてもこの本は面白かったので、おすすめの本ですよ。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。