絶歌

 1997年、神戸市で連続児童殺傷事件が起きました。

 一般的には「神戸連続児童殺傷事件」と言われ、「酒鬼薔薇聖斗事件(または酒鬼薔薇事件)」と聞けば思い出す人もいるでしょう。

 この犯人である「元少年A」が手記「絶歌(ぜっか)」を発売したので、これについてちょっと書きます。。

 この書籍の説明文には

1997年6月28日。
僕は、僕ではなくなった。

酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aが18年の時を経て、自分の過去と対峙し、切り結び著した、生命の手記。

「少年A」――それが、僕の代名詞となった。
 僕はもはや血の通ったひとりの人間ではなく、無機質な「記号」になった。
それは多くの人にとって「少年犯罪」を表す記号であり、自分たちとは別世界に棲む、人間的な感情のカケラもない、
不気味で、おどろおどろしい「モンスター」を表す記号だった。

 情報によるとこの元少年Aは少年院を退院しているようです。

 この出版を聞いて「えっ?!本に出したの?」と思ったのは私だけではないでしょう。被害者の父親も

手記を出すことは報道で知った。なぜ、このように私たちを苦しめるようなことをしようとするのか、全く理解できません

と、驚かれている様だし、怒りが満ちあふれている様子も取れます。

 なぜこの本を出そうとしたんでしょうか?出版社としてはいろいろな理由はあるでしょうが、その一つの理由には話題性から収益が得られると思ったことでしょう。しかし、被害者の遺族からすれば納得がいかないことが多々あると思います。

 では、この元少年Aはどうして手記を書いて、出版に応じたのでしょうか?書籍の最後には被害者へのお詫びの文章があるようですが、お詫びの気持ちを伝えるために本にしたのでしょうか?それとも、反省しこのようなことを二度と起こさない、起こす人がいないようにと言う思いから出版したのでしょうか?または、収益?

 そういったことを考え、知り、二度と同じような事件が周りで起こらない様にするため、「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」ではありませんが、犯罪者の心理を知ることも大事かと思いますので一度手にしてみたいと思うのは間違いではないかと思います。

 ただ、この本の印税はこの元少年Aに入るんですよね・・・。多くの子どもを殺した元少年Aですが、法的には罪を償ったことになり、生きる権利はあります。その為に収益を得る必要もあると思うのですが・・・。考えちゃうな~。今回はアマゾンのリンクは控えておきます。

 この本についてはいろいろな意見があるでしょう。今日はちょっと重い記事でした。

神戸連続児童殺傷の加害男性が手記 – 社会 : 日刊スポーツ
神戸連続児童殺傷事件、元少年が手記出版:朝日新聞デジタル
児童殺傷、加害男性が手記…遺族「理解できぬ」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
神戸新聞NEXT|社会|加害男性の手記「今すぐ出版中止を」土師さん 神戸連続殺傷事件