DSC_0639

 久しぶりの本の感想ブログを書きます。別に本を読んでいなかったわけじゃないのですが、読んでいた本が途中でどうしてもつまらなくなり止めてしまいました。どんな本でも最後まで読もうと思っていたのですが、残念です。

 そして、今回、読んだのが文庫本の「読むだけですっきりわかる日本史」です。下記にその感想を明記します。

 私は昔から社会、それも歴史が大の苦手でした。しかし、最近いろいろな本や映画を見ていると年を取ったせいなのか少しずつ歴史に興味が出てきました。だからといって教科書を引っ張り出すほどでもないので(それ以前に全て処分してしまいました)どうしようかと思っていたところ本屋でこの本を見つけました。

 本の説明には

世界のなかでも類い稀なる急成長を遂げてきた国、日本。この国の歴史は、良い時代、悪い時代それぞれに生きた先人達の、貴重な体験談の宝庫である。私たち現代人にとっても、人生をよりよく生きるためのヒントが満載だ。本書は、その歴史を完全網羅。そして、教科書では取り上げられない目からウロコの意外なエピソードも紹介。漫画のようにすらすら読めてクセになる、楽しい日本史決定版。

で、この本の前書きには

対象
歴史嫌い。歴史が苦手な人。

条件
とにかく一冊にまとめること。教科書レベルの内容は全て取り扱うこと。
難しい歴史用語などは使わないか解説を加え合えること。
教科書に載っていないことでも有名なエピソードは網羅すること。
何よりわかりやすく面白くて一気に読めてしまえるような本であること。

と書かれています。まさに私に打って付けの本です!

 実際に読んでみたところ内容は旧石器時代からつい最近のバブル経済までが網羅されています。書き方はあえて口頭語にし、ほんの少し冗談も交えながら歴史に対して親近感を持たせてあり、比較的わかりやすく書かれています。

 あえて注文をつけるとすれば図や写真が少ないことです。(私だけかもしれませんが)図や写真があれば理解度もずいぶんアップするはずなので、今の数倍の図や写真を入れてほしいです。(そうすると本が厚くなっていろいろと問題があるんでしょうが)

 読んでみて最初は読めるかなと持ったのですが、途中で歴史嫌いがフツフツと沸いてきてどうしても読むスピードは遅くなってしまいましたが、それでも全部を読むことができる良い本かと思います。一度読んだだけでは歴史の全てを覚えることはできませんが、少なくとも日本の歴史の流れはわかるかと思います。一度読んでから、興味の持った時代をまた読み返すのもよいと思います。末尾に重要用語の索引があるのもいいですね。

 私のような歴史嫌いだけど、日本の歴史を知りたいという人は手にとってもいいかと思います。

 それにしても日本史をこの1冊にまとめてありますが、日本の歴史って長いですね。当たり前のことですが、改めて感じました。そして、私の一生なんて短いものだなと思います。ましてや、地球の一生に比べると人の存在している時間はほんの少しだと聞きます。そうすると私の一生なんて地球の歴史に比べると、更に一瞬なんでしょうね(笑)