本「虹色のチョーク」

先日、テレビを見ていたら知的障害者を全体の7割雇用している日本理化学工業とその会社のことを書いた「虹色のチョーク」という本を紹介していました。あまりにも素晴らしかったので即座にスマホでその本を注文してしまいました。その本を読み終えたので、下記に本の紹介と感想を明記しておきます。

まず、この本の出版社が書いている紹介文をです。

「彼らこそ、この会社に必要なんです」 社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社”を、小松成美が描いた感動のノンフィクション。 人は働くこと、人の役に立つことで幸せになれる――。 神奈川県川崎市にあるチョーク製造会社・日本理化学工業株式会社は、昭和12年に小さな町工場からスタートした。昭和36年に二人の少女を雇い入れたことをきっかけに、障がい者雇用に力を注ぎ、「日本でいちばん大切にしたい会社」として全国から注目を集め続けている。 現在も社員83名のうち、62名が知的障がい者。一人一人の能力に合った仕事を作ることで、彼らが製造ラインの主戦力となり、社員のほとんどは定年まで勤め上げる。同時に、彼らの作るダストレスチョークは業界シェア1位を誇る。 今でこそ福祉と経営の両面で注目を浴びるが、ここに辿り着くまでには数々の苦悩と葛藤があった――。 本書は、日本理化学工業の会長や社長、働く社員、さらには、普段語られることの少ない障がい者のご家族へのインタビューを通して、「働く幸せ」を伝える一冊

私が起業したころ、アルバイトで小学校のパソコンのインストラクターをやったことがあります。1年生から6年生までのパソコン授業のサポートを行ったわけですが、学校によっては特別学級のクラスがあり、ダウン症など知的障害者の子どもたちがいました。

それまで知的障害者との交流はなかったのですが、先生から「普通に接してくれればいいです」というアドバイスを頂き、教えるレベルは下げるものの、他の健常者である生徒と同じ様に接しました。

10年ほど前なので細かいことは覚えていませんが、ただ、そこで感じたのがみんなすごく素直で、明るい子どもたちだったことを覚えています。まさに天使のような優しい子どもたちでした。

この「虹色のチョーク」を読んで、従業員は本当に楽しく、そして、一生懸命に日本理化学工業で働いていることがわかる素晴らしい本でした。おそらく年齢は違えど、私が接した子どもたちと同じ様な社員さんが数多くいるんじゃないかと思い、ちょっとうらやましい会社に感じました。

本は著者の考えや意見などよりもその会社の様子や経営者、社員、その家族の言葉や様子が多く書かれているため、その会社のことが手に取るようにわかる非常に良い本です。

こんな素晴らしい会社を作った会長さんは素晴らしいことに気がつくことができ、素晴らしい会社、社員を手に入れることができたと思います。このような素晴らしい会社って日本にどれくらいあるんでしょうね?浜松にもあるのかな?

この本を読んで日本理化学工業のファンになりました。是非とも末永く続いてほしい会社です。

虹色のチョーク

著者/訳者:小松 成美

出版社:幻冬舎( 2017-05-19 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,404

単行本 ( 224 ページ )

ISBN-10 : 4344979044

ISBN-13 : 9784344979048