ロスジェネの逆襲

 あの池井戸潤作の小説「ロスジェネの逆襲」を読んだので下記にその感想を明記します。

 現在放送中の「下町ロケット」は大ヒットのようですね。私は録画をしているのですが、なかなか見る機会が無く、貯まる一方です。後日、楽しみに見たいと思います。

 そんな話題作の作者、池井戸潤が書いた半沢直樹シリーズ第3弾の「ロスジェネの逆襲」の文庫版がついに出ました。いつから出たのかわからないのですが、何気なく調べたら文庫版が出ていたので購入。狭い我が家にとってはありがたいサイズの本です。ちなみに電子書籍は場所は取らないのですが、あまり好きではありません。

 さて、そのロスジェネの逆襲の解説につて本の背表紙に書かれた解説は以下になります。

子会社・東京セントラル証券に出向した半沢直樹に、IT企業買収の案件が転がり込んだ。巨額の収益が見込まれたが、親会社・東京中央銀行が卑劣な手段で横取り。社内での立場を失った半沢は、バブル世代に反発する若い部下・森山とともに「倍返し」を狙う。一発逆転はあるのか?大人気シリーズ第3弾!

 いや~、やっぱり面白いですね。テレビの半沢直樹はまだ見たことはないのですが、小説の中の半沢直樹はクールで頭の良い、切れ者のバンカーといった感じです。読み始めた当初は出向先の若手である森山雅弘がメーンなのかと思ったのですが、読み進めるとやっぱり「半沢だっ!」と、いいたくなるような面白い話になっています。

 今回のストーリーは解説にも書かれているIT企業の買収の話し。同じIT業界の人間として「おっ!」と、思いましたが、たまたまIT業界というだけで他の業界でもストーリーは成り立ったでしょう。大手企業がライバル企業の買収を如何に進め、阻止していくかという企業と銀行の内部の戦いが何とも面白かったです。

 今回、ページを開いてすぐに登場人物の相関図があったのは非常に良かったです。私は人の名前を覚えるのが苦手なので、このような図があると非常に読み進めやすかったです。他の本でもこのような相関図を用意してくれると良いんですけどね。私だけですかね?(笑)

 また、今回読み進めていると非常によい言葉がいくつか出てきました。そのいくつかを怒られない範囲で明記しておきたいと思います。(怒られたら速攻で削除します)

我々経営者は自分の生き方を見失ったらおしまいだ。どこかに解決策があると信じる勇気が必要なんだと思う

長いものに巻かれてばかりじゃつまらんだろう組織の論理、大いに結構じゃないか。プレッシャーのない仕事なんかない。仕事に限らず、なんでもそうだ。嵐もあれば日照りもある。それを乗り越える力があってこそ、仕事は成立する。世の中の矛盾や理不尽と戦え、森山。オレもそうしてきた

全ての働く人は、自分を必要とされる場所にいて、そこで活躍するのが一番の幸せなんだ。会社の大小なんて関係がない。知名度も。オレたちが追究すべきは看板じゃなく、中身だ

 この他にも良い言葉が沢山ありました。たかが小説かも知れませんが、よい言葉だと思えばそれはそれでいいと思います。さらに最後に半沢がどのような思いで仕事をしているのかも書かれています。クールで知的な半沢がどのような考えで仕事を進めているのかがわかって面白かったです。

 是非、興味のある方は読んでみてください!おすすめです!

ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲

価格¥1,650

順位157,674位

池井戸 潤

発行ダイヤモンド社

発売日2012/06/28

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

価格¥770

順位6,240位

池井戸 潤

発行文藝春秋

発売日2015/09/02

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API