本「これからの営業には会話はいらない」

 今年一冊目になる本は菊原智明氏の「これからの営業には会話はいらない」という本を読みました。下記にその解説と感想を明記します。

 この本の解説には下記のように書かれています。

営業なのに「コミュ障」で悩み、トヨタホームで7年連続ビリ争いだった著者。

あるとき「説得」「訪問」「テレアポ」「残業」など、嫌なこと(営業)を全部やめたら、4年連続No.1になりました。

本書にあるやり方は、自分を変える必要はありません――

(自分が)「やりたくないこと」→お客様が喜ぶこと
に変えるだけで「売れる営業」に変わる方法をお教えします。

 業務の中で比較的に嫌がられる仕事として「営業職」があると思います。何かと気遣いをして、ノルマ達成へのプレッシャーなど、どうしてもマイナスなイメージを持つ人が多いと思います。

 しかし、一人で仕事をしていると営業職がどれだけ会社や仕事をしていく上で重要なことかが最近つくづく感じます。私はもともと営業職ではないので、営業のノウハウがないのですが、このような本を読むことで少しでも営業の知識が得られればと思っています。

 この本を読んで思ったのは、書かれている内容はだいたいが自分でもわかるような、または営業職であれば知っていて当たり前のことだと思います。その知っている内容をわざわざ読む必要は無いかもしれませんが、読むことによっていろいろと気がつかせてくれる本だと私は思いました。もちろん、知らないことも書かれていますよ。

 その営業職の人が読んだら「そんなことは知っている」と言われるかもしれませんが、では、その知っていることをどれだけ実行しているでしょうか?知っていても実行できていないことはきっと沢山あると思います。この本を読んでもし、知っているけどやっていないことがあれば実践する機会になるんじゃないかと思います。

 営業職は一冊、本を読んだぐらいでは営業成績が上がることはないと思います。けど、この本を読むことで気づき、一件でも契約が増えれば御の字ではないでしょうか。私はそんな本じゃないかと思います。興味のある人はぜひ手に取ってみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。