チームワーク

人が人と生活する上で欠かせないものの一つに「マナー」があります。それは日常の生活でも、仕事上でも数多くのマナーが必要になります。

新入社員はそれらビジネスマナーを知らずに入ってきますので、先輩社員などが指導する必要があります。しかし、それらマナーをはじめて知って、中にはそのマナーの必要性に疑問を持つ新入社員もいます。

そんなビジネスマナーに対して新入社員が「必要ない」と感じるマナーのランキングがありましたので下記に紹介します。

新入社員が必要ないと思うビジネスマナーは下記の通りです。

  1. 始業5分前にはデスクについている
  2. 電話のベルは2回コール以内までに出る
  3. 訪問先で出されたお茶は、相手が飲むまで口を付けない
  4. 客を見送るときはエレベーターが閉まるまでお辞儀をする
  5. 勤怠などの連絡は必ず電話で行う(メールやLINEではしない)
  6. 報告・連絡・相談をこまめに行う
  7. 社内でも正しい敬語を使う
  8. 部屋に入るときのノックは3回(4回)
  9. BCCで複数の人にメールする場合は「BCCにて失礼します」と断る
  10. 社外の人にメールする場合は「メールで失礼します」と断る

私は「マナー」というのはその相手もしくはその周囲に気遣いをすること周囲の人を不快に感じさせないようにすることと、思っています。人が人と暮らしていく上で自分勝手な行動を起こしていたら相手は不快に思い、一緒に暮らしていくことはできないでしょう。そのまま気遣わずに暮らしていけばそのうちにその人は孤立するかと思います。

マナーは強制されると反発してやりたくなくなってしまいますが、ご飯を食べるときに箸を使うように「これが普通」のようにマナーを身につければ反発することもなくなると思います。

私も新入社員の時には疑問に思うマナーもありましたが、今となっては必要なマナーと感じます。必要だからこそ生まれてきたマナー。相手のことを考えて気持ちよく感じられる方法が「マナー」だと思いますので、マナーに疑問を感じたら、自分がそのマナーを受けたときの気分を考えてみたらいかがでしょうか?

新人世代に「時代遅れ」に思えるビジネスマナー1位は | R25

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。