よくブログを行うとSEO的に効果があり、通常のサイトよりもアクセス数が上がるといわれています。アクセス数が多くなればネットショップや商売などを行っていればそれが売上効果に繋がることは誰にでもわかるかと思います。

ブログがアクセスアップに繋がりやすい要因の一つは記事をできるだけ頻繁にアップすることでその情報量が多くなり、検索のヒット数が多くなります。また、記事の更新頻度が上がればそのサイトに対して興味がある人は常にチェックしてくれたりもします。

では、ブログはブログでもつぶやきブログといわれているTwitterは商売繁盛の効果があるのでしょうか?

下記にその実験を行った海外のピザ屋さんの報告がありましたので紹介します。

まず、Twitterとはどういうものかというと、一般的には「つぶやきブログ」と言われていて140文字以内でちょっとしたことを書いていくという別名「ミニブログ」とも言われているWebサービスです。

利用しているユーザの多くは個人でその日、その時のことをチョコチョコと書いて楽しむものなのですが、最近は企業などが利用しているケースも見受けられます。

そんなTwitterを利用して商売繁盛に繋がるかの実験を行ったアメリカのピザ屋さんが紹介されていました。

方法は簡単でピザ屋さんのTwitterアカウントを取得してTwitterを開始。それと共にお店の看板等にTwitterのIDを掲載して多くの方にフォローしてもらうよう宣伝したそうです。Twitterにはそのお店のセール情報はもちろんそれ以外にもいろいろな情報やフォローしてくれたユーザに対しての返答も行ってきました。そして、その結果2,450人の人がフォローしてくれて、売上の15%がTwetter経由からだったそうです。

もちろんこれはアメリカのピザ屋さんのことで、日本でも同じようなことが起きるかは文化の違いなどによりその数字が全く一緒とは思えませんが、完全に否定することはできないでしょう。

Twitterに限らず通常のブログでも同じようなことは可能かと思います。私の今住んでいる浜松のお店に入ると

ブログを始めました。
URL:http://www.○○○○.com/
皆さん見てくださいね!

などと書かれているのをよく目にします。

けど、これだけでは正直アクセス数はそれほど期待できないのではないかと思います。なぜなら皆さんはそのURLを見て覚えることはできますでしょうか?頭のいい人ならそのURLを見て直ぐの覚えられるかもしれませんが、少なくとも私はそのURLを覚えることができません。そうすると、せっかく興味を持ってくれた人でもアクセスしてくれるはずがありません。

Twitterの場合は覚えやすいID(上記の例ならお店の名前や数文字の短いID)さえ掲載しておけばあとからアクセスして、フォローもしてくれるでしょう。

じゃあ、ブログの場合はどうしたらよいかというと、ここは日本の文化(?)を利用すればよいかと思います。それは「QRコード」です。日本人の多くは携帯電話を持っていて、その携帯電話の多くはQRコードを読込むことが可能です。日本人の多くはパソコンからのアクセスよりも時により携帯電話からのアクセスの方が多いと聞きます。この携帯電話を利用する価値は十分あるでしょう。

また、ピザ屋さんはフォローしてくれた人に対しても返事を書いたとかいてあります。ブログもコメントを入力する機能がありますので、そのコメントに対して必ず返信を行います。そうすることによって多くの人が親近感を持ってくれることでしょう。もし、返信を行わなかったり、コメント機能を非表示にしていれば単なる一方通行になってしまい、見ている人はつまらないと思います。どんな商売でもどんなよい商品を売っていても結局は「人と人の繋がり」になります。お店を持っている人ならきっとわかることでしょう。

「○○とハサミは使いよう」なんて言葉が日本にはあります。無料で使用できるツールがあるならそのツールを上手く利用して商売繁盛につなげてみてはいかがでしょうか?

Twitterで売上げはあがるか?あるピザ屋の実験とその結果とは? – IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ ~

商売繁盛12の心得
商売繁盛12の心得

posted with amazlet at 09.05.20
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 17662