G Analytics

先週から公開させて頂いたWordPressの管理画面でGoogle Analyticsの情報を確認することができるプラグイン「G Analytics」ですが、バージョンアップしたのでお知らせします。

今回のバージョンアップではVer. 1.1.0とし、トップページのグラフや表示内容の追加。パスワードの暗号化。テンプレート用のカウンターの追加などを行いました。

これら機能の詳細については下記を参照ください。

入力フォームのPasswordを暗号化

設定ページの入力フォームでパスワード部分が前回までは生でDBに登録を行っていました。そのパスワードを暗号化するようにしました。

この変更により前のバージョンを使用してくれた方はパスワードを再登録して頂くようお願いします。

また、この暗号化は完璧なものではありません。DBのパスワードを見ることができる人ならそのパスワードを復号化することは可能です。その為、他の人にGoogle Analyticsを使用される可能性がある場合は、専用のGoogle Analyticsのアカウントを取得して使用することをおすすめします。

トップページのグラフにセッション数を追加

今までのトップページのグラフにはページビューとユニークユーザ数を表示していましたが、セッション数も表示するようにしました。

トップページに今日の人気記事と今日の参照元を追加

トップページにはグラフと総合的な数字を表示していたのですが、トップページに何か物足りなさを感じていました。そこで、今日の人気記事数と参照元数を10件表示するようにしました。

期間の選択に「昨日」を追加

期間の表示は1日(今日)・1週間・1ヶ月・3ヶ月前までの期間としていたのですが、比較のためにも昨日のアクセス状況も確認した方が良さそうなので、「昨日」という選択項目を追加しました。

テーマ用カウンター機能の追加

これは公開前から設けたい機能だったのですが、テーマ用のカウンター表示機能を追加しました。このカウンターは設定画面の「カウンターの開始日」にカウンターでカウントを始めたい日にちを登録し、指定のPHP関数をテーマに設けいることによって、その日からのGoogle Analyticsの数を表示します。

指定のPHP関数は<?php ga_counter(‘pv’); ?>という形式でテンプレートに登録します。括弧内の「pv」はページビューを表示するもので、これ以外に「vs」のセッション数、「uu」のユニークユーザー数があります。サイトのデザインに合わせてご利用ください。

G Analytics