G Analytics

 先日、私が作ったWordPressのプラグイン「G Analytics」が利用できなくなってしまいました。理由に関してはこちらを参照ください。

 その後、多くの方から連絡があり、G Analyticsの復活を期待されました。その声に応えるべく、何とか復活ができましたので下記に報告させて頂きます。

 5月27日からGoogleの認証方式「ClientLogin」が利用できなくなったことより、提供してきた「G Analytics」が使えなくなりました。その為、新しい認証方式である「OAuth 2.0」に対応できるようにG Analyticsをいろいろと変更、改造を行った結果、何とか復活することができました。

 アクセス状況を確認する方法は基本的に同じなのですが、設定方法が大きく変わりました。認証方式が変わったことにより下記で説明したGoogle Developers Consoleの設定を行い、その値をG Analyticsの設定に入れる必要があります。

Google Developers ConsoleでOAuth 2.0を使う方法 | アイビースター

 さらに以前も使用してきた「ビューID」も下記を参考にして登録して頂く必要があります。

G AnalyticsのプロファイルIDの調べ方 | アイビースター

 正直言って少々面倒です。けど、この面倒がセキュリティ性のアップに繋がるかと思います。また、一度設定して頂ければ、基本的に再設定は必要ありませんので、最初だけ我慢して設定してください。

 また、今回のバージョンアップに伴い、今まで設けていた下記の機能が廃止となりました。

  • テーマ用カウンターの廃止
  • Google Analyticsのリンクパスの廃止

 これといった新しい機能はありませんが、強いて言うとトップページの最下部に当ブログの記事リンクを表示するようにしました。この辺は作った者の特権として御理解頂ければと思います。

 一応、バグ出しは一通り行いましたが、何か気がついたことがあればこちらの問い合わせフォーム等で連絡を頂ければ幸いです。

 詳細なことについてはG Analyticsのページを参照ください。

 これからもG Analytics共々よろしくお願いしますm(__)m

G Analytics | ソフトウェア | アイビースター