G Analytics

以前からGoogleではサイト分析用のツールGoogle Analyticsを公開していました。おそらく無料のアクセスツールでは最強のサイト分析ツールではないかと思っています。その為、多くの方がこのGoogle Analyticsを利用しています。

そして、つい先日、このGoogle AnalyticsのAPIが公開されました。このAPIを利用することによって、外部からGoogle Analyticsのデータを取得することができるようになりました。

そこで、このGoogle AnalyticsのデータをWordPressの管理画面で確認することができる「G Analytics」というプラグインを恐れながら作り、公開させて頂きました。

下記のその概要等について説明します。

開発の経緯

つい先日から当ブログを再運営したのですが、アクセス解析ツールとしてWordPress.com StatsCounterize IIなどのプラグインを利用していました。これらプラグインはこれで役に立っているのですが、アクセス解析ならGoogle Analyticsも外せないツールではあります。しかし、WordPressの管理画面ではこの内容は確認することができず、わざわざGoogle Analyticsのサイトに移動しないと確認できませんでした。

すると、先日、Google AnalyticsのAPIが公開されたという情報が入ってきました。そのAPIを利用すればWordPressの管理画面で確認することができるのではないかと思い、今回の開発に至りました。

苦労点

何が苦労したかというと、一番苦労したのがGoogle Analyticsのドキュメントが全て英語であるということです。まだ、日本語によるドキュメントは公開されていませんので、この英語のドキュメントを翻訳サイトで訳しまくって何とか利用方法を見つけ出しました。きっと英語ができる人にとっては大したことではないと思いますが・・・。

トップページでは指定期間のアクセス状況のグラフを表示するようにしました。最初はGoogle Chart APIを利用してグラフの表示を行おうとしたのですが、以前、当ブログでも書いたとおり、Google Chart APIにはURLの限界がありました。更にグラフのグリッド表示が自由に設定できないこともその時わかりました。

その為、Google Chart APIは諦めて何か良いグラフ表示用のライブラリはないかと思い、調べてみたところjQueryのプラグインflotというライブラリが使えそうと判断しました。

WordPressを多少知っている方なら御存知の通り現在のWordPressではjQueryが標準で使用されています。それならこのflotを使用してみようと思いましたが、ここでも一つの問題が。その問題とはまたもや英語という問題です。flotを紹介しているサイトは多数あるのですが、flotのAPIを解説しているサイトはほとんどありません。そこでライブラリに添付してあるサンプルと英語のAPIを何とか解読してflotを使用できるようにしました。

今後の予定

まだ、具体的にどのようにするかは決めていないのですが、できればサイトのカウンターなどもこのG Analyticsで表示できるようにしたいと思っています。

また、使い物になりそうならWordPressの公式プラグインサイトにも登録してみたいとは思います。(その為には英語のReadMe.txtを作らなければ・・・)

皆さんへ

もし、このプラグインを使って頂き、何かご意見、ご希望等がありましたら下記コメント欄に明記して頂くか、個別でこちらからメール等を頂けると大変嬉しい限りです。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

G Analytics