WordPressを利用しているユーザは新バージョンの2.8がリリースされたことを知って、これからインストールしようとしている方がいるようでしたらちょっと待った方が良さそうです。

先日、「WordPress 2.8 日本語版がリリース!されたが・・・」でデフォルトテーマに問題があると書いたのですが、実はそれ以上の問題があったようです。

既知のユーザはスルーしてくれればいいですが、まだ知らない人は下記にその症状を明記しておきます。

WordPress 2.8は先週の10日頃にリリースされたのですが、その三日後の6月13日に自動アップグレードの注意事項として公式に下記のことが発表されました。その内容とは

WordPress 2.8 への自動アップグレードの際に、サーバー上のファイルが削除される現象が報告されています。報告によると、この問題が発生した場合にはサーバー上の WordPress 以外のファイルも削除されるとのことです。

どういう理由かはわかりませんが、自動アップグレードを行うとサーバ内のファイルが削除されてしまうとのこと。これにより、既存WordPressが正常に動作しなくなる可能性があるようです。

じゃあ、手動アップグレードなら大丈夫なのかというと、この場合でも同じような現象があったという報告もあります。
(この情報の再確認が取れなくなってしまったので訂正させて頂きます。すみませんでした。)

いつ頃、改修版が公開されるかわかりませんが、急ぐ必要がなければしばらく待った方が良さそうです。

何かしらの理由でどうしても2.8にアップグレードを行う必要がある場合は下記サイトにその注意事項がまとめられていますので、参考にしてみるといいかもしれません。サイト内にも書かれていますが、実行する場合はDBも含めてバックアップを全て取得しておくことをおすすめします。

WordPress 2.8のアップデートの注意点と対処法 | コリス

そうは言っても管理画面上部にある「WordPress 2.8 が利用可能です ! アップデートしてください。」を見ると、ついつい押したくなってしまい、それをグッと我慢することはなかなか辛いものがあったりして・・・(^^ゞ