WordPressを使いこなしている方、または当サイトのブログをコメントまで見てくれている方なら既に御存知かもしれませんが、ブログのコメント欄に(上記画像のように)アバターという画像アイコンが人によって表示されています。

WordPressをはじめたばかりで、このバターが表示されるテーマ(テンプレート)を使用している人にとってはなぜこの様なアイコンが表示されるのか不思議に思うかもしれません。

下記にその表示方法を明記しておきます。

説明の前に「アバター」とはどういう意味かというと

仮想現実における自分の化身、キャラクター

という意味だそうです。

ミステリーマン

ミステリーマン

さて、WordPressのアバターはデフォルト状態では「ミステリーマン」という右記のような画像となります。WordPressではこのミステリーマン以外に管理画面の[設定]-[ディスカッション設定]ページの「アバター」で変更できる所までは多くの人が知っていることでしょう。

では、コメントした人のアバターを表示する方法ですが、これはブログの管理者が設定するものではなく、コメントする人が設定することによりアバターが表示されるようになるのです。

そのコメントする人が設定する方法というのはGravatarに登録することがまず第1になります。

Gravatar

Gravatar

Gravatarは「globally recognized avatar」を略した言葉でコメントする人のアバターを表示するための専用サイトです。

登録方法はいたって簡単で、サイト内のこちらからユーザ登録を行うことができます。この登録時に注意する必要があるのがメールアドレスです。

登録するメールアドレスは利用できるアドレスなら何でもいいのですが、ブログにコメントする時に入力するメールアドレスと同じにする必要があります。ブログにコメントする時に入力したメールアドレスとGravatarに登録したメールアドレスを照合し、ブログのアバターにはGravatarで登録した画像を表示するという仕組みに(多分)なっています。

その為、ブログのコメントに入力するメールアドレスとGravatarに登録するアドレスが異なるとアバターは表示されないはずです。(書いていて段々自信がなくなってきた(^^ゞ)

Gravatarの登録はそれ程難しくないと思いますが、ちょっとわかりにくいのが画像登録時の「レーティング」です。私自身もよく分かっていないのですが、画像がどのようなものかを評価、判断するためのものらしいです。レーティングの種類は

  • G : G 指定は、すべてのウェブサイトのどんな訪問者に対する表示にも適した Gravatar です。
  • PG : PG 指定の Gravatar には、無礼な仕草、挑発的な服装をした人物、軽い悪態表現、中程度の暴力などが含まれている可能性があります。
  • R : R 指定の Gravatar には、過激な言葉、極度な暴力、ヌード、ドラッグの使用などに関する描写が含まれている可能性があります。
  • X : X 指定の Gravatar には、露骨な性的画像または非常に不穏な暴力描写が含まれているかもしれません。

となっています。多くの方が画像そのものはモラルある画像にすると思いますので、そうであれば「G」を選択しておけばよろしいかと思います。

実際に登録を行って、反映されるまでには少々時間が掛かりますので、登録後は一服でもして気長に待つことにしましょう(-.-)y-゜゜゜

そうすれば、その内、あなたの素晴らしいアバターが世界中に表示されることになります。

基本からしっかりわかる WordPress 2.7 カスタマイズブック (Web Designing BOOKS)
大藤 幹
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 6652