WordPressユーザーの方は最新版のバージョン3.0にアップしましたか?プラグインとの組み合わせによってエラー表示が出るようなので、使用する場合は御注意を。

 さて、そのWordPressは多くのユーザーが利用していることから「セキュリティ」という観点から見ると、おそらく安心だろうと思っていると思います。私もその1人です。けど、より安全なWordPressであることに越したことはありません。下記にWordPressのセキュリティを保つ10の方法という記事がありましたので、下記に明記しておきます。

 WordPressのセキュリティを保つ10の方法が明記されているのはこちら。

10 Useful WordPress Security Tweaks – Smashing Magazine

 見ての通り、全て英語なのですが、相も変わらず下手な翻訳で下記にタイトルだけを明記しておきます。間違っていたらごめんなさいm(__)m

  1. 不要な情報は表示しない
  2. SSLを使用する
  3. wp-configファイルを.htaccessで保護する
  4. 不要なユーザーやボットをブラックリスト化
  5. スクリプトインジェクションからWordPressを守る
  6. コンテンツスクレーパーに反撃する
  7. 悪意あるサイト(URL)からあなたのブログを守るプラグインを作る
  8. WordPressのバージョン番号を消す
  9. デフォルトの「Admin」ユーザー名を変える
  10. ディレクトリの参照防止

体系的に学ぶインターネットセキュリティ

価格¥41

順位1,213,874位

西井 美鷹, 神崎 洋治

発行日経BP

発売日2008/01/24

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API