WordPress 3 RC

 先日、WordPressの公式ブログWordPress 3.0 RC1(日本語版)が公開されたことが伝えられました。「RC」とはRelease Candidateのことで、ベータ版が終了し正式リリース前に公開される前の最終版です。通常であればこのRC版の次は正式版になるのですが、時折、RC2なる物が出たりする時があります・・・。

 まあ、RC2があるかどうかは別として、いよいよやって来ましたねWordPress 3が。WordPressユーザーであればちょっとは楽しみにしているんじゃないでしょうか?私は楽しみですよ(^^)。だって、今度のWordPress 3では、今までの1つのブログだけの構築だったのが、WordPress 3では複数のブログを構築することができるわけですから。今のところ複数のブログを構築する予定はありませんが、それでも利用範囲が広くなる分、いろいろと考えちゃいますよね~。

 そんなWordPress 3 RCを既にローカル環境で構築してあるWordPress 2.9.2に入れてバージョンアップしてみました。下記にそのバージョンアップの方法と複数のブログが運営できるようにする方法を明記しておきます。

WordPress 3 RCのインストール前に

 WordPress 3 RCのインストールの前に注意する必要があります。こちらでも書かれていますが、RC版はリリース候補版であって正式版ではありません。その為、実働のサイトにこのRC版を入れることはやめましょう。インストールするのはテスト用のサイトで万が一RC版に不具合があってそのサイトが動かなくなっても諦めが付くサイトで行う方がいいです。

 正式版でも不具合があるかもしれませんが、RC版はあくまでRC版であって正式版ではないことを理解しておいてください。

WordPress 3 RCのインストール

 さて、WordPress 3 RCのインストール方法ですが、まずはこちらから「3.0-RC1」のzip形式かtar.gz形式のファイルをダウンロードして解凍します。解凍後、現行バージョン(現行はバージョン2.9.2)のWordPress既に入っているディレクトリにまとめてコピーします。

 あとはそのサイトにアクセスすればバージョンアップ処理を行うメッセージが表示されますので指示に従いボタンをクリックするだけです。やってみればわかりますが、1分と掛からないで処理が終了します。これでそのサイトはWordPress 3にバージョンアップされました。

wp-config.phpファイルを編集

 バージョンアップ後、管理画面を見てみると多少デザイン等が変わったぐらいで大きな変更はないと思います。実はバージョンアップしただけでは通常のシングルサイトのWordPressのままです。WordPress 3ではこのシングルサイトを複数サイトで運用できるようにするツールが盛り込まれています。ツールと言っても特別なソフトやプログラムを使用するわけではなく、WordPress 3にそのツール機能が設けられています。

 では、複数ブログ化にするにはどうすればいいかというと、WordPressの設定ファイル「wp-config.php」に

define (‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

を追加します。場所はファイル内の

// 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。

のコメントより上であればどこでもいいと思います。

プラグインを全て「無効」に

 wp-config.phpファイルの設定が完了したらWordPressの管理画面に移り、サイドメニューの中の「ツール」-「ネットワーク」を開きます。おそらく多くのサイトでは下記のような「警告」が表示されると思います。これは現在使用しているプラグインが有効になっていると表示されます。その為、全てのプラグインを無効にする必要があります。もし、プラグインを1つも使用していなければこの様なメッセージは表示されないと思いますが、プラグインを1つも使用していないWordPressはきっといないことでしょう。

「ツール」-「ネットワーク」で設定。プラグインを使用している時の警告。

「ツール」-「ネットワーク」で設定。プラグインを使用している時の警告。

ネットワークの作成

 プラグインを全て無効にし、「ツール」-「ネットワーク」を再度開くと今度は下記のような画面が表示されます。この画面は環境によって異なります。

WordPressサイトのネットワークを作成

WordPressサイトのネットワークを作成

 マルチサイトを構築する場合、それぞれのサイトURLをサブドメインタイプとサブディレクトリのタイプで選びます。「このサイトはサブドメイン。このサイトはサブディレクトリにする」の用に混合することはできません。

サブドメインタイプ→http://(サイト名).(ドメイン)/ 例:http://hoge.ivystar.jp/
サブディレクトリタイプ→http://(ドメイン)/(サイト名)/ 例:http://ivystar.jp/hoge/

 私のローカル環境ではサブドメイン形式が使用できないので強制的にサブディレクトリタイプになりました。「ネットワークのタイトル」と「管理者のメールアドレス」を入力したら「インストール」ボタンをクリックします。すると、下記のような画面が表示されます。この画面では上から順番に読んで、その通り進めて行けば特に難しくはないでしょう。「3.」の.htaccessの部分は既に.htaccessがあって、「RewriteEngine On~」と書かれていればそれらを削除するか、「#」でコメントアウトしてコピペします。

wp-config.phpと.htaccessの設定内容

wp-config.phpと.htaccessの設定内容

マルチサイトの運用設定完了

管理画面のサイドメニューに「特権管理者」の項目が表示

管理画面のサイドメニューに「特権管理者」の項目が表示

 管理画面を開くと右記の画像のようにサイドメニューの上部に「特権管理者」のメニューが表示されると思います。これで複数のブログを構築する設定が完了です。あくまでこれで複数のブログが作れるだけで、まだ、2つ目、3つ目のブログはありません。2つ目、3つ目のブログはそれぞれ管理者が作る必要がありますので(念のため)。また、これらの情報はWordPressの公式ページでも説明しています。詳細は下記リンクを参照ください。

利用者:Bono/Create a Network – WordPress Codex 日本語版

  今までにWordPress MUを触ったことがある方なら
 「お~!WordPress MUと同じ感じだ!」
と思い、いろいろと触りながらMUと同じ感覚で複数のブログを構築するかもしれませんが、おそらく、MUを触ったことがない人はいろいろと戸惑うかと思います。私は初めてMUを触った時は
 「なんだこれは?」
ということが多々ありました。今ではもう慣れましたけどね。もし、
 「管理方法につて解説してくれ!」
などという声があったり、自分の気が向いたらその説明を当ブログで書いてみたいと思います。

 いずれにしても、いつ頃にWordPress 3の正式版がリリースされるかわかりませんが、リリースされた時にはいろいろといじってみようと思います。また、この様な素晴らしいシステムを無償で公開してくれて作者やサポートしている方々には非常に感謝します。

WordPress MU 2.8: Beginner's Guide 洋書

価格¥5,215

順位3,220,398位

Harrison, Lesley A

発行Packt Publishing

発売日2009/10/27

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API