Windows環境でMySQLを使用していてバージョンアップなどの理由によりMySQLをアンインストールする必要がある時があります。
削除するだけなら[アプリケーションの追加と削除]でできるのですが、再度インストールを行おうとすると「MySQL Server Instance Configuration Wizard」で「Could not start the service MySQL.Error:0」などのエラーが発生する場合があります。
これは、[アプリケーションの追加と削除]からだけでは完全に削除できないためにいくつかゴミが残っていてその為にインストールができなくなります。

そのいくつかのゴミを削除するには下記の方法を行う必要があります。

  1. コマンドプロンプトを起動してMySQLをインストールしているディレクトリ内の「bin」フォルダに移動してサービス(サービスは[コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス]の一覧)の登録を削除する。たとえば、「C:mysql」の場合は

    C:Document and Settinguser> CD C:mysqlbin
    C:mysqlbin>mysqld –remove MySQL

    とする。

  2. [コントロールパネル]-[アプリケーションの追加と削除]からMySQLを削除する。
  3. MySQLがインストールしてあったフォルダを一式削除する。(例:C:mysqlやC:Program FilesMySQLなど)
  4. ファイルの検索でMySQLの設定ファイル「my.ini」がないか検索し、もし見つかったときは削除します。

以上でMySQLのゴミは削除することができます。