403 Forbidden

 実は前回の記事同様にこれも最近知ったことなんですが、MySQLを使用する上でMySQLを操作するのにphpMyAdminを利用する方はきっと多いと思います。そのphpMyAdminをLinux環境にインストールする時は今までソースファイルをダウンロード、解凍、アップロードしていたのですが、yumでインストールできるって最近まで知りませんでした(^_^;)。皆さん、知っていました?

 「そんなことは当たり前!」といって、何でも知っている人は本当に凄いですよね。私なんていつも調べてばかりです。けど、その何でも知っている人もきっと最初は知らなかったはず。その知らないことを1つひとつ調べて、そこまでの知識になったはずだから、自分もコツコツ調べて勉強していきたいと思います。

 さあ、そんな話は置いておいてyumでインストールしたphpMyAdminをブラウザで開こうとすると403の「Forbidden」が表示されてしまいます。下記にその解決方法を明記しておきます。

 まず、yumでphpMyAdminのインストール方法ですが、下記のコマンドでインストールできます。

[~]# yum -y install phpMyAdmin

 これだけでphpMyAdminが入ってしまうんでから今までの作業(ダウンロード、解凍、アップロード)は何だったんだろうと思っちゃいます(^_^;)

 さて、インストールが完了しブラウザで

http://(サーバーのIPアドレス)/phpMyAdmin

と入力すると、通常であれば下記のようなユーザー名とパスワードを入力する「ようこそ」の画面が表示されるはず。

phpMyAdminの「ようこそ」の画面

phpMyAdminの「ようこそ」の画面

 しかし、ブラウザからアクセスするとForbiddenが表示されます。ちなみに403のForbiddenは

サーバーが拒否しているため、アクセスできない

ということになります。

 対処方法ですが、Apache、phpMyAdminをyumで通常のインストールをしていれば下記ファイルがあると思います。

/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

このファイルをviなどで開き

<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
order deny,allow
deny from all
allow from 127.0.0.1
allow from ::1
</Directory>

のallow from部分を

<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
order deny,allow
deny from all
allow from 192.168.0 ←IPアドレスの先頭の3つの数字
</Directory>

のようにアクセスしているPCのIPアドレスにあわせて変更し、アクセス権を与えれば完了です。

 見つけてしまえば「何だ~、そんなことか」なのですが、見つからないと悪戦苦闘です。

現場で使える MySQL (DB Magazine SELECTION)

著者/訳者:松信 嘉範

出版社:翔泳社( 2006-03-17 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,808

単行本 ( 408 ページ )

ISBN-10 : 4798111139

ISBN-13 : 9784798111131