Webに限らずプログラム開発を行う時には、多くの場合、データベースを使用します。

 そのデータベースを使用する上でSQLを早くする10個の項目という英語サイトがちょっと前ですが公開されていたので、下記にまとめます。

 データベースのSQLを早くする10個の項目が掲載されていたのは下記のサイトです。

10 sql tips to speed up your database

 ここで紹介されている10個の項目を機械翻訳しながら1行にまとめました。もし、間違いがありましたら教えてください。

  • データベースのデザイン設計に注意
  • EXPLAIN を使用して最適な結果を得よ
  • キャッシュを利用して早い結果を得よ (AdoDB、Memcached、CSQL Cache)
  • SELECTで「*」を使用しないで、必要なカラムだけを取得
  • 「LIMIT」を使用して必要なデータ量だけを取得
  • ループ分で問い合せ(SELECT)を使用しない
  • サブクエリを使わないで「JOIN」を使う
  • ワイルドカードは慎重に。必要に応じて使い分ける
  • 「OR」より「UNIT」の方が早い
  • インデックスを使え

 データベースを使用している人にとっては当たり前のことかもしれませんが、上記内容を見てからデータベースを作るといいかもしれませんよ。