SQL Server 2005

 仕事の都合でローカル環境にSQL Serverが必要になりました。以前であれば無償のMSDEを使用していたのですが、気がつくとSQL Server 2005 Express Editionが無償で使えるようになったようです。MSDEと比較すると容量が最大2GBから4GBに変わり管理ツール(SQL Server Management Studio Express)も使えるようになったようです。

 そこで、下記にそのSQL Server 2005 Express Editionのダウンロード、インストールについてわかったことをメモ的に明記しておきます。

 SQL Server 2005 Express Editionのサイトのダウンロードの欄を見ると下記の4つのツールが明記されています。

  • SQL Server 2005 Express Edition Service Pack 1
  • SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services
  • SQL Server 2005 Express Edition Toolkit
  • SQL Server Management Studio Express
SQL Server 2005 Express Editionサイトのダウンロード欄

SQL Server 2005 Express Editionサイトのダウンロード欄

 それぞれがどう違うのかわからないのですが、1番上の「SQL Server 2005 Express Edition Service Pack 1」をインストールすると管理ツールが含まれていませんでした。そこで2番目の「SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services」をインストールするとSQL Serverと管理ツールの両方がインストールされました。(こういうちょっとしたことがわからなかったりするんですよね~)

 インストールはダウンロードしたファイルをダブルクリックで進めていくのですが、私としてはそれほど難しくはありませんでした。もし、わからないときはこちらのサイトが参考になるかと思います。

 以上です。書いてからわかりましたが、たいした内容じゃなかったですね(^^ゞ。けど、せっかく書いたので公開しておきますね。