SQL Server 2012

 久しぶりにMicrosoft社のSQL Serverを触る機会があり、フリーの「SQL Server Express」をダウンロード&インストールしたのですが、ちょっとした問題が!

 下記にそのSQL Server Expressの簡単な説明とダウンロード、インストールの開始までをちょっと解説します。

SQL Server Expressとは

 Microsoft社のデータベースサーバーといえば「SQL Server」です。もちろん、このソフトは有料のデータベースなのですが、無償版というのが存在します。

 以前は「MSDE(Microsoft SQL Server Desktop Engine)」というソフトだったのですが、今では「SQL Server Express」として提供されています。

 通常の有料版と何が異なるかというと、データベース毎の容量や分析サービスが使えないなどの制限がありますが、MSDEでは使えなかった管理ツール「SQL Server Management Studio Express」が利用できるようになりました。

ダウンロード

 今回ダウンロードしたバージョンはSQL Server 2012のExpressバージョンです。ダウンロードサイトはこちらになります。

SQL Server のエディション | Express | マイクロソフト サーバー & クラウド プラットフォーム

 このページ内から下の方にある「SQL Server Express with Tools」のダウンロードをクリックしました。

SQL Server Express with Toolsのダウンロード

SQL Server Express with Toolsのダウンロード

 すると32bitか64bitバージョンかを選んで、言語を選択するとダウンロードが始まるります。

インストール

 さて、今回は64bitの日本語バージョンをダウンロードしたのですが、ファイルを見てみると「SQLEXPRWT_x64_JPN」となっていますが、何か変です。

ファイル名「SQLEXPRWT_x64_JPN」

ファイル名「SQLEXPRWT_x64_JPN」

 そう、ダウンロードしたファイルに拡張子がないのです。ちなみにこのPCでは拡張子を表示するように設定してあります。

 たしか、ダウンロードマネージャーなどの場合はこういうこともあったような気がするのですが、今回は普通にダウンロードが行われました。私の環境が何かおかしいのかな?

 さて、どうしたものかと思ったのですが、通常は御法度かと思われる拡張子を強制的に付けてみました。もちろん付けた拡張子は「.exe」です。

「.exe」の拡張子をセットしたダウンロードファイル

「.exe」の拡張子をセットしたダウンロードファイル

 まぁ、強制的に拡張子をセットしたわけですからアイコンが表示されるのは当たり前。この状態で、ダブルクリックしたら・・・インストール開始!

 なんと普通にインストーラーが起動してインストールが始まりました。ん~、今回のやり方が正しかったのかな~、まぁ、結果オーライですかね(^_^;)