SQL Server

 SQL Server(Ver. 2012)で外部から接続できるようにするための設定を下記にメモしておきます。ちょっと調べれば各所に書かれていますが、まぁ、自分用のメモとして明記しておきます。

TCP/IPの有効化

  1. スタートメニューから「SQL Server 構成マネージャー」を起動(OSによって起動方法が異なるが、その辺は各自で確認ください)
  2. 左サイドメニューから「SQL Server ネットワークの構成」の中にある「SQLEXPRESS のプロトコル」を選択
  3. 右側に出てきた「TCP/IP」の状態が「無効」になっている場合は、ダブルクリックやコンテキストメニューまたはプロパティから「有効」にする
  4. さらに「TCP/IP」のプロパティウィンドから「IPアドレス」タブの「IPAll」の「TCP ポート」を「1433」に設定。さらに「TCP 動的ポート」を空っぽにする
  5. 左サイドメニューの「SQL Server のサービス」を選択
  6. 右側に出てきた実行中の「SQL Server(SQLEXPRESS)」を選択しコンテキストメニューなどから「再起動」を実行

ファイアーウォールの設定(穴開け)

  1. コントロールパネルなどから「Windows ファイアーウォール」を起動
  2. 左サイドメニューから「詳細設定」を選択
  3. 左サイドメニューから「受信の規制」を選択
  4. 右サイドメニューから「新しい規則…」を選択
  5. 「新規の受信の規則ウィザード」が開くので「規則の種類」では「ポート」を選択
  6. 「プロトコル及びポート」では「TCP」と「特定のローカルポート」を選択し「1433」を入力
  7. 「操作」では「接続を許可する」を選択
  8. 「プロファイル」では「ドメイン」「プライベート」「パブリック」のいずれもチェックをONにする
  9. 「名前」では「SQL Server (1433)」など適当に命名

 以上で設定は完了です。

【参考サイト】
SQL Server 2014 Expressの外部接続を許可する手順 – Symfoware
SQL Serverへリモート接続する方法

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。