私より上の年代の人は鉄腕アトムなどがあこがれのロボットだと思うのですが、私の年代の場合はどちらかというとガンダムの方があこがれのロボットだったりします。もちろんどちらも現実化すればうれしいのですが。

 そんなガンダムの中で登場するガンタンクを思わせるような重機が現実化してきました。(ただし、キャノン砲やミサイルランチャーはありません)。それも、その重機は日本のものとアメリカのものの2種類です。下記に紹介します。

双腕作業機「ASTACO」

 まずは日本製の重機です。製作したのは重機では広く知られている日立建機製の「ASTACO」です。これはほんの数日前にヤフトピ(Yahoo!トピックス)などで話題になった重機です。

Visualize

 次はアメリカ製の重機でサルコス社というところが作ったようで、名前は「Visualize」(でいいのかな?)です。日立のASTACOよりも小型ですが、操作は非常に簡単で、誰でも操作ができるようです。

その他

 ホンダのアシモ君といい、このような重機ができるということは、歩くガンダムができあがる日ももうすぐなのかもしれませんね。未来が楽しみです(^^)

ガンプラ MG 1/100 RX-75 ガンタンク (機動戦士ガンダム) ホビー

価格¥5,688

順位22,046位

発行BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

発売日2009/09/19

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API