以前、「早起きについて感じたこと」という記事を書いて、その早起きする方法について書こうと思っているのですが、中々、自分の中でまとまらなくて全然書けていません。すみません。

 そんな中、有名ブログさんで「明日から早起きするための7つのルール」というのが書かれていました。これを元に毎朝4時に起きている自分と比較してちょっと書いてみたいと思います。(誰ですか?!「手抜き!」という人は!その通りなんですが・・・)

 「明日から早起きするための7つのルール」という記事を書かれているのは有名ブログのらばQさんです。そこで書かれている7つのルールとそれに対する自分なりの意見を明記します。

1. 急な変化をつけない

 これは人それぞれかと思います。私の場合は早起きをするまでは夜中の1時に寝て、朝の7時に起きる生活をしていました。しかし、ある時から21時に寝て4時に起きる生活に変えました。

 少しずつ変化させる方法と、一気に変える方法のどちらでも私はいいと思います。自分にあった方法であれば。

2. 早く寝るようにする

 これは当たり前ですね。早く寝なければ、早く起きられるわけがありません。早く起きない人のいいわけに「早く寝られないんだよね~」という言い訳も多いですね。

3. 目覚まし時計を遠くに置く

 これも人それぞれですね。遠くに置けば止めるために起きるかもしれませんが、逆に音が小さくなって寝続けてしまうと言うこともあります。起きるべき人が起きないで周りの人が起きてしまうことも。

4. 目覚ましを止めたらベッドから出る

 一度起きたら、布団には入らないことですね。また入る布団はキモチイの何のって、たまりませんからね~。起きたら、そのまま起きること必須です。

5. 自分の言い訳に負けない

 これも言えますね。言い訳はいくらでも作れます。起きられない言い訳をするぐらいなら、起きられた時の満足感の方がキモチイですよ。

6. 朝起きする理由を作る

 これは結構大事だったりします。何も無しで起きても、モチベーションは上がりません。趣味でも仕事でも何でもいいですから、早起きしてやる目的を作りましょう。

7. 余分に出来た時間を有効利用しよう

 これは上記の「6」とも絡んでいますね。早起きするからできること、わかることが必ずあります。それを上手く利用するといいことがあるはずです。

その他

 上記のことは結構大事なことだったりしますが、もっとも大事なことは

早起きしようと思うこと

と私は思っています。「そんなことわかっているよ」と言われそうなことなんですが、早起きできない人は本当に早起きしようと思っていないから、起きられないんじゃないでしょうか?私はここ数年、早起きしてこの事が一番大事なような気がします。

 本当はもう少し書きたいですが、また機会があったら書きますね。それまでお楽しみに(^_-)

らばQ:明日から早起きするための7つのルール

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。