私の起床時間はここ数年間、朝の4時ぐらいに起きています。その朝の早起きについてちょっと自分なりに下記に書いてみました。

ここ数年、私の起床時間は朝の4時前後です。普通の人から見れば恐ろしく早い時間だと思うでしょう。大体の人が私の起きる時間を伝えると、すごく驚かれます。

IT関連の仕事をしている方の多くは遅く寝て、遅く起きる傾向にあります。コンピュータに向かって仕事をしていると外部からの音がない方が仕事に集中することができるからだと思います。私も以前は夜型の生活をしていました。

けど、「早起きは三文の得」という言葉があるとおり、遅く起きるよりも早く起きた方が良いことは昔から言われています。また、人間は太陽が沈んだら寝て、太陽が出てきら起きるのが基本だと言うことも聞いています。ちなみに「早起きは三文の得」の三文とはどの位の金額なのかというと、現代の金額で言うと大体100円ぐらいだそうです。

本屋さんへ行くと「早起き」に関する書籍というのは結構あったりします。試しにAmazon「早起き」を検索すると84件の書籍が検索されます。逆に「遅寝」で検索するとたったの2件(2件も出てきたことはビックリでした)です。

夜仕事をする方が静かであるため効率がよいと考えるなら、朝早く起きても同じこと。早起きするようになってからわかりましたが朝の方が夜よりももっと静かなような気がします。

以前のブログで早起きすると三文得をするのか?という記事を書きましたが、それ以外にも早起きすると「気持良い」です。清々しい朝を一番に迎えることにより今日一日を清々しい気持ちでスタートできるような気がします。格好良いことを言っているわけではなく本当に気持ちがいいです。

夜遅くまで起きていて、ついには朝になってしまうと太陽の光がまぶしく、うっとうしく感じることもあると思いますが、早起きをするとこれが全く逆に感じるのですから不思議なものです。

IT関連の仕事をしていると周りの人が夜型なので、その時間に寝ていると連絡ができなくて困るのではないか?と思う人もいるかもしれません。この件に関しては以外と大丈夫だったりします。対策としては自分が早寝早起きであることを周囲の人に伝えておけば、周りの人はそれに合わせてくれたりするのです。ありがたいことです。

「早起き」について思ったことを淡々と書きましたが、多分これでは書ききれていないと思います。また気が向いたら書きたいと思います。重複する部分もあるかもしれません。また、早起きの方法についても後ほど書いてみたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

早起きは「3億」の徳

価格¥2,280

順位319,053位

哀川 翔

発行東邦出版

発売日2009/04/01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API