映画『プレイヤーズ!!』

 皆さんは映画を見ますか?私は公開後のDVDを「新作」や「準新作」ではなくなるまで待ってからのんびりと古い映画を見る派(←そのな「派」はありませんが)です。そんな私ですが、今度映画館で映画を見ようと思っています。その映画とは浜松の人が浜松で浜松の人を使って作った浜松だらけの映画「プレイヤーズ!!」です。その詳細は以下に。

 このプレイヤーズはとにかく浜松だらけの映画です。概要は以下の通り。

 浜松の小さな劇団に所属する「恵」は、東京で一流の芝居を学ぶ夢を持っている。パッとしない父親を嫌悪し、浜松まつりが大好きな兄「寅三」とも、いつからかうまくいかなくなった。何となく孤独を感じながら、恵は日々上京への思いを募らせる。
 ある日、彼女は「響介」という青年と出会う。彼の音楽は魅力に溢れ、町中をミュージカルの世界に巻き込んでしまうほどの力を持っていた。それは浜松そのものを小ばかにしていた恵に大きな衝撃を与え、彼女は響介に複雑な感情を抱き始める。
 一方その頃、市内の女子高生「千鶴」は理不尽な理由でいじめを受け、周囲から孤立してしまう。そんな中、千鶴は変な男@「博之」を目撃する。黒いマントにアイマスク、「スーパーヒーロー」を気取る博之は、悪者に「袖の下」を渡すという妙な方法で浜松の平和を守ろうとしていた。かつては本物ヒーローの弟子だったという彼。情けなくも一生懸命な博之の姿が、千鶴に笑顔を取り戻させる。
 その後、千鶴は鍵っ子の小学生「凛」と心を通わせ、凜が一冊の古い絵本に憧れを抱いていることを知る。絵本の主人公は、空を飛び怪力を使う「スーパーヒーロー」。ひょんなことから博之の存在を知った凜は「本物のスーパーヒーローに会いたい!」と言いだし・・・。

 この映画は2012年10月27日から2週間ほどの間、浜松のシネマイーラで20時から公開されます。現在、前売り券が1,200円のところを1,000円で発売されていて、前売り券で入場した方には何やらプレゼントがあるとのこと。前売り券を発売しているのは下記の場所です。

 この映画は浜松のお笑いコンビ「虎あげは。。」のゲンジョウさんから教えてもらったのがきっかけ。その後、この映画の監督さんである鈴木研一郎さんに何度がお目にかかって話をさせて頂きました。

 私は映画はもっぱらテレビやスクリーンで見るばかりだったのですが、これを機会に映画の裏側をほんの少しだけ見させて頂きました。映画を1本作るだけでこれだけ大変なことであって、映画そのものは監督によって変わってくるということもよくわかりました。

 全て素人が作った映画ですが、素人だから出せる「味」があると思います。私はこの映画を応援したいと思っています。当サイトでもサイドバーにバナーを貼らせて頂きました。もし、このブログを見ていてちょっとでも興味が出た方はぜひ映画館まで足を運んで頂ければと思います。

映画『プレイヤーズ!!』|浜松発のミュージカル総合エンターテイメント映画オフィシャルサイト

一人でもできる映画の撮り方

価格¥3,980

順位200,398位

西村 雄一郎

発行洋泉社

発売日2003/04/01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API