「眠れないエンジニアのための『生体リズム学』」について(1)の続きです。

第6回 夜眠れない原因は昼間の過ごし方にあり

昼間の過ごし方で特に大切なのは,太陽の光に良く当たることです。真昼の強い日差しなら,10分間でも構いません。逆に室内照明では,何時間浴びても不十分です。

IT関連の仕事をしていると、どうしても室内作業となることは致し方ないことです。しかし、人はお日様の下で生きていくことが当たり前なのだから、上記のように昼休みぐらいは外に出た方がいいかもしれません。

時々、朝は晴れていたのに気が付いたら雨が降っていた。何てことは多いことです。この夏休み期間中であれば、近所でラジオ体操をやっていると思います。早起きして子供達と一緒にラジオ体操をするとその日、一日がパワフルに行動することができるかもしれませんよ。

第7回 眠いとき我慢しない「プチ昼寝」は大正解

昼間に眠気が襲ってきたら,我慢して仕事を続けてもはかどりません。積極的に15~20分間程度の短い「プチ昼寝」をすべきなのです。

昼時間に昼食をとった後、時々、気絶(要するに昼寝です)する時があります。時間にして15分程度。別に寝ようと思って寝ているわけではないのですが、気が付くと寝ているのです。もしかしたら、この昼寝は上記のように良いことなのかもしれません。全然気が付きませんでしたが。

第8話 週末の寝だめは病気のもと

人が生きていくためには、働く必要があります。但し、永久的にずっと働き続けることはできません。

神ですら,天地万物を完成された7日目に安息なさったのです。

これは知りませんでした。神様も休むことがあるんですね。ましてや人間なら必ず休む必要があるわけです。ただ、『休む』と言っても、何が休むことであるかは人それぞれです。ゆっくりコーヒーを飲みながら本を読むことも休むことだし、家族で遊園地で遊ぶのも休むことかもしれません。しかし、一番の『休む』は寝ることのような気がします。寝過ぎてはもちろんいけないと思いますが、毎日決まった時間を寝ることが一番の休息かと私は思います。

現に寝ることは「やすむ」とも言います。休日に沢山寝るのではなく、毎日決まった休息(睡眠)が一番の休みじゃないでしょうか?

第9回 できるITエンジニアは朝早く起きる

私が一番書きたかった項目はここになります。

米国では社会階層によって夕食時間が異なるそうです。
下層階級は夕方5時半に夕食を済ませます。その上の労働者階級は夕方6時~6時半に,大半はビールと一緒に夕食をとります。中流階級は夜7時~7時半に食卓を囲みます。上流階級になると,夜9時以降に食べます。この時間まで夕食を待てるのは,アフタヌーン・ティーをしているからです。

私は毎日、晩ご飯は6時から7時の間にとるようになっています。これは、私だけの都合ではなく家族で食事する時間がこの時間になっているのです。上記のアメリカ社会層でいうと私は労働者階級になりますね。

真夜中(午前0時)過ぎまで起きている人は全体の37%です。これに対して,日本人では60%を占めます。この数字は,米国人(34%)や欧州人(32%)に比べて極端に多いのです。

時々、ある用事で夜遅くに近所のジャスコへ行くと9時近くなのに子供がパジャマのままでジャスコ内を走り回っている光景を目にします。初めて見た時は私の目がまん丸になりました。「何でこんな時間に子供がパジャマでいるのか?」非常に疑問に思いました。

しかし、この疑問は直ぐに解決しました。お分かりの通り「親」の問題です。子供が一人でパジャマのままでジャスコに来るわけはありません。親が買い物などでジャスコに連れてきていたのです。人それぞれ理由があるので一概に言えませんが、親がジャスコへ行くといえば子供を一人で置いていくわけにも行かないので連れてきたのでしょうが、そんな時間にジャスコへ来ないでも別の日、別の時間で対処することはきっとできるはず。

この様な光景を見ると、日本の60%が夜遅くまで起きていることは理解できます。人は日が昇ったら起きて、日が沈んだら寝る動物です。人間らしい生活をした方が幸せと思うのは私だけでしょうか?

人の1日の生活リズムは,「朝型」と「夜型」に分かれます。早寝早起きの習慣がある人を朝型,,夜更かし・朝寝坊が身についている人のことを夜型といいます。日本人は明らかに夜型です。長時間労働が常態化しているITエンジニアはおそらく,夜型の傾向がさらに高いのではないかと思います。

以前、私も完全夜型の生活を送っていましたが、ある時からあることをするようにして朝方に切替えました。「自分は夜型だから・・・」というのはあくまで言い訳です。本当に朝方にしようと思っているなら必ず切替えられます。

では朝型になるには,どうしたらよいのでしょうか。それには,がんばって早起きするのが最良の方法です。・・・(省略)・・・早起きするには夜早く寝ることが重要であり,それには夕食を早めにとることが肝要です。生活のリズムを少しずつ前倒ししていきましょう。

この方法については別記事にで書く予定です。

ここまで書いた内容はあくまで私の見解なのです。間違っていることを書いているかもしれませんが、その辺は御了承ください。

眠れないエンジニアのための「生体リズム学」

早起き力

価格¥38

順位454,731位

神吉 武司

発行PHP研究所

発売日2009/03/11

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API