WordPress

当サイトでも使用しているブログソフト「WordPress」ですが、この「WordPress」という言葉は商標登録されているって皆さんご存じでしたか?その為、この「WordPress」をドメイン名に含ましてはいけないそうです。その詳細は以下に。

商標登録とは

大体の人が何となくは知っていると思いますが、「商標登録」とはどういうものなのかについて簡単に書いてみます。専門家ではないので間違っていたらごめんなさい。Wikipediaによると商標とは

商品を購入し、あるいは役務(サービス)の提供を受ける需要者が、その商品や役務の出所を認識可能とするために使用される標識(文字、図形、記号、立体的形状など)をいう。

なかなか難しい言葉で書かれていますが、要するに商標はその商品やサービスを提供しているメーカを認識しやすいようにするための言葉と言うことになります。その商標は特許庁に登録することによってその商標(商品名)が商標登録され、他でむやみに使用することができなくなります。(こんな説明であっているのかな?)

WordPressは登録されてた!

実際に「WordPress」が登録されているのかを特許電子図書館の「商標出願・登録情報」で検索してみました。するとありました!「WordPress」で検索すると見事に1件ヒットしたのです。その内容を見てみると

(111) 【登録番号】 第5049965号
(151) 【登録日】 平成19年(2007)5月25日
(210) 【出願番号】 商願2006-80948
(220) 【出願日】 平成18年(2006)8月31日
    【先願権発生日】 平成18年(2006)3月1日
    【最終処分日】
    【最終処分種別】
    【出願種別】 優先
    【商標(検索用)】 WordPress
(541) 【標準文字商標】 WordPress
(561) 【称呼】 ワードプレス,ワード,プレス
(531) 【ウィーン図形分類】
(732) 【権利者】
    【氏名又は名称】 オートマティック インコーポレイテッド
    【類似群】 11B01 11C01 26A01 26D01 42N03 42P02 42P03 42X11
    【国際分類版表示】 第8版
(500) 【区分数】 2
(511) (512) 【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
9 文字・画像などのコンテンツの作成及び管理用のダウンロード可能なコンピュータソフトウェア,その他のコンピュータソフトウェア,その他の電子応用機械器具及びその部品,電気通信機械器具,電子出版物
42 電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守,コンピュータの設計に関する助言,電子計算機・自動車その他その用途に応じて的確な操作をするためには高度の専門的な知識・技術又は経験を必要とする機械の性能・操作方法等に関する紹介及び説明,電子計算機の貸与,文字・画像などのコンテンツの作成及び管理用コンピュータソフトウェアの提供,電子出版物をインターネット上で配信するためのコンピュータソフトウェアの提供,その他の電子計算機用プログラムの提供,電子出版物をインターネット上で配信するためのコンピュータソフトウェアの提供に関する情報の提供及び助言

と書かれています。本当かどうか興味がある人は試してみてください。

URLのドメインに「WordPress」はNG

この「WordPress」という言葉をURLに使用してはいけないということはこちらのページに書かれています。文章が英語なので機械翻訳してみると下記の通りです。

私たちのWordPress商標に関連する様々な理由で、私たちは、あなたがWordPressに関するサイトを始めるだろうかどうか尋ねたか、またはあなたがドメイン名に「WordPress」を使用しないとそれに話しました。 代わりに”wp”を使用するか、または別の変化を試みてください。私たちは弁護士ではありませんが、非常に良い人は、私たちが私たちの商標を保存するためにこれをしなければならないと私たちに言います。多くのユーザも、彼らが、それが紛らわしいのがわかると私たちに言いました。

ドメインがそれの「WordPress」と共に既にありましたら”wp”同等物にそれを向け直すのはすばらしいです、主な1人のユーザが見て、あなたが促進するとき、長さが「WordPress」を含むだけではないとき。

サブドメインの「WordPress」は wordpress.example.comのようにすばらしいです、私たちが最上位のドメインに関してただ心配しています。

私たちは、だれが今までに私たちに尋ねたことがあるかをだれへのもこれに言いました、私たちはただそれを公共にしたかったです、したがって、より多くの人々がこの政策を意識しているかもしれません。

機械翻訳なのであまり意味がわかりませんね。私が翻訳してもいいのですが、きっともっとわかりにくくなるでしょう(^_^;)

つまりどういうことかというと、ドメインそのものに「WordPress」はNG(http://www.wordpresshogehoge.com)になります。但し、「wp」やサブドメイン(http://www.wordpress.hogehoge.com)、下層ディレクトリ(http://www.hogehoge.com/wordpress/)はOKとのこと。

「WordPress」という言葉をURLに使用してはいけないと聞いた時は、当サイトの記事URLには使用していたので”ドキッ!”としましたが、ちょっと安心しました(´▽`) ホッ。今後、「WordPress」という言葉をドメインに使用することは無いと思いますが、知っていて損はない内容かと思います。もし、WordPressに関するサイトを作る時があるようならちょっと注意した方がいいでしょう。

すぐに役立つ商標・意匠のしくみと手続き

価格¥876

順位2,163,403位

監修弘司, 渡辺

発行三修社

発売日2007/01/01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API