ホワイトガソリン

 キャンプで使用する燃料としてはLPガスよりも比較的嫌われがちのホワイトガソリンですが、私が知る限り、ランニングコストはLPガスよりもホワイトガソリンの方が安いです。そのことについて下記に明記します。

 私がキャンプへ行ったときは料理用のガスバーナーを使います。そのバーナー用の燃料としては一般的にLPガスを使ったボンベタイプと液体のホワイトガソリン(白ガス)の2種類に分かれます。

 最近、キャンプを始めた人の多くは前者のボンベタイプを使う方が多いです。ボンベをコンロなどにカチッとはめ込むだけで使うことができ、何よりも手が汚れません。これに対しホワイトガソリンはガソリンが手につくとホワイトガソリン特有の臭いがついてしまいます。ホワイトガソリンは揮発性が高いためそれほど手は汚れないのですが、臭いは多少残ってしまいます。また、ホワイトガソリンをコンロなどにセットするのもボンベに比べて手間なので、その辺も嫌われる元かと。

 そんなホワイトガソリンでもメリットはあります。一つは車用のガソリンが使えること。これは機種にもよりますが、私の持っているランタンやバーナーは車用のガソリンも使えるタイプです。もちろん、普通はホワイトガソリンを使いますが、(今までガソリンを使ったことはありませんが)万が一、震災などでホワイトガソリンが手に入らないときは重宝します。

 また、ホワイトガソリンはコストが安いです。通常、ホワイトガソリンが入っている4リッター缶は店にもよりますが、3,000円ぐらいします。結構高いですよね。これに比べてボンベはコールマンの470グラムタイプで800円前後です。おそらく2缶もあれば2泊ぐらいは持つのではないでしょうか?(ボンベを持っていないので正確なことはわかりません。すみません)

 しかし、ホワイトガソリンはガソリンだけを購入すれば非常に安いものなのです。私の場合は先日、3リッターほど購入してきましたが、全部で631円です。1リッターあたり210.2円です(小数点がついていました(笑))。4リッター買っても841円ほど。先ほどのコールマン470グラムのボンベと変わりません。

1リッター210.2円。3リッターで631円のホワイトガソリン

1リッター210.2円。3リッターで631円のホワイトガソリン

 では、どこでホワイトガソリンは変えるのかというと地域や場所によって違いますが、私の場合はガソリンスタンドで購入します。4リッター缶を持って行って
「ホワイトガソリンをください」
と言えば、お兄ちゃんが入れてくれます。

 ホワイトガソリンを入れる容器は必要なので、初期投資はちょっとかかりますが、ランニングコストを考えると非常に安いものです。もし、これからキャンプを始めるのであればちょっと検討してみてはいかがでしょう。ちなみにホワイトガソリンはどのガソリンスタンドでも売っているわけではありませんので購入には事前に確認が必要です。

コールマン エコクリーン 4L 170-6760

コールマン エコクリーン 4L 170-6760

定価:¥ 3,218

Amazon価格:¥ 2,617

カテゴリ:スポーツ用品

発売日:2013-03-12