セレナのフロントベット

日産のミニバン「セレナ」にベットスペースを作ったので下記に紹介します。

先日、愛車デリカスペースギアからセレナ(C25)に変更しました。

セレナに乗って思ったのが最近の車(とはいっても10年ほど前の車ですが)はよくできていますね~。燃費もいいし、加速もいい。内装もよくできています。そんなよくできた車でもちょっと不満なところもあります。その一つがシートアレンジです。

セレナは3列シートなのですが、全てのシートを倒してフルフラットシートにすることができません。2列目と3列目だけを倒してフルフラット化にすることはできるのですが、シート構造上、段差のある凸凹フルルラットとなり、とっても寝ることはできません。そこはデリカの方が断然良いです。

そんなセレナを「フルフラットにして快適に寝ることはできないものか?」と、思いながらネットを見ていたら、何とセレナにベットスペースを作る方法を図面付きで紹介しているサイトがありました。それも私と同じC25型の車両でのベット紹介です。

ベットはDIYをやる人なら知っている人も多いと思う矢崎化工イレクターパイプを使った構造で、その上にコンパネ+クッション乗せた簡単構造です。これが図面付きで掲載されているのは本当にありがたいことです。

ボコボコシートでの車中泊とさようなら。これで快眠車中泊。C25セレナ用ベッドDIY の紹介(2015.02.22設計図追記): KIIBLO

そして、作成したセレナのベットがこちらです。

今回制作したセレナのベット

今回制作したセレナのベット

横から見たセレナのベット

横から見たセレナのベット

セカンドシート上のベット

セカンドシート上のベット

材料の準備を除いたらほぼ一日でセカンドシートとサードシート上のベットは完成しました。図面がしっかりしていたのと、イレクターパイプを使用したことが大きかったと思います。ただ、ベット中央に足が無いためちょっと中心部が凹む傾向があるので、図面にはありませんが補強を追加しました。

実際に寝てみると二人で横になることはまったく問題が無いほどの出来です。セレナの天井が低いためちょっと圧迫感がありますが、これは仕方がないでしょう。

さて、今回、私はもう一つベットを作りました。それはフロントシート上のベットです。上記で作ったリアベットでは無理をすれば3人で寝ることはできますが、快適性がちょっと欠けます。そこで、フロントシート内にも同様のベットスペースがあれば、少々狭いですが小柄の女性なら寝ることができます。

そして、作ったフロントベットが下記の写真です。

フロントシート上に作ったベット

フロントシート上に作ったベット

多少狭いですが、何よりも下がフラットで寝られるのは非常に嬉しい限りです。

このフロントベットもイレクターパイプとコンパネで作り、設計+制作を一日で作りました。ただ、ちょっと修正が必要なのでボチボチ対応していこうかと思います。

このフロントベットに関しては上記のサイトでは掲載されていませんが、リアのベットよりは簡単な構造です。寸法等に関しては需要があるようなら掲載しますが、今のところは考えておりません。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。