デリカの塗装前後

いつからなのかわからないのですが、だいぶ前から愛車デリカ君のフロントフード(ボンネット)のクリアー塗装が剥がれだす症状が発生していました。

「そのままでも味があるかな?」

と、思ったのですが、あまりにもみすぼらしいので、今年のお盆休みにつや消し黒で塗装しました。下記にそのレポートを写真中心で掲載します。

まず、デリカ君の塗装前の状態です。表面のクリアー塗装が剥がれ、その下のパール(?)グリーン色が出てきています。手でこすると指先にグリーンの塗料が付いてしまいます。

クリアーが剥がれたフロントフード

クリアーが剥がれたフロントフード

クリアーが剥がれてツヤが消えています

クリアーが剥がれてツヤが消えています

フードがボディに付いた状態で塗料の剥離や塗装はマスキングなどの作業が面倒なので、フロントフードを取り外して作業を行います。フードを外すときはワイパーも外す必要がありました。また、フードに取り付けてある樹脂部品も全て外します。それほど大変な作業ではありませんでした。

取り外したフードは作業台に置いて行います。

取り外したフロントフード

取り外したフロントフード

まずは塗料剥がしです。剥離剤は使わずにハンドグラインダーで全て剥がしました。小さなフードなのに、終わったときは腕がパンパンでした。

ハンドグラインダーで剥離

ハンドグラインダーで剥離

剥離中はマスクをしないとすごいホコリでした

剥離中はマスクをしないとすごいホコリでした

剥離したフードは表面を掃除し、それと共に塗料の弾き防止様にホワイトガソリンで脱脂を行います。一度ではホコリ及び油脂が取り切らないので何度か繰り返し掃除をします。下の写真を見ると多少、古い塗料が残っていますが、塗装するとキレイに消えてくれます。

ちなみにフードの裏は古い塗料のままです。そこまでやると大変なので。

清掃&脱脂したフード

清掃&脱脂したフード

清掃が終わったらいよいよ塗装です。塗料は普通のカーショップで売っているラッカー系スプレーの「ボディーペン」です。

ラッカー系スプレー塗料のボディーペン

ラッカー系スプレー塗料のボディーペン

まずは地味なグレー色のプレイマーサーフェイサー(プラサフ)で下塗り塗装です。340グラムのスプレー缶を3本塗装しました。もちろん一度に塗らずに何回かに分けて塗装しましたが、乾きが早いので3本塗装するのに1~2時間程度で終わりました。

プラサフを塗装したフード

プラサフを塗装したフード

多少まだら模様でも下塗りはOK

多少まだら模様でも下塗りはOK

次につや消し黒による塗装です。

つや消し黒で塗り始めたフード

つや消し黒で塗り始めたフード

一度に多く塗らずに薄く、繰り返して塗装

一度に多く塗らずに薄く、繰り返して塗装

塗り終わったフロントフードはちょっとまだら模様

塗り終わったフロントフードはちょっとまだら模様

用意したスプレー缶は2本だったので、ちょっと足りませんでした。本当はある程度塗装した後、磨いて、塗装を何度か繰り返した方がいいのですが、塗料が足りないのと、そんな元気がなかったので(全てを一日で行ったのでヘトヘトでした)、磨きはまた次回(いつのことやら)ということで塗って終わりにしました。おかげで表面はちょっとまだら模様でザラザラです。まぁ、素人が塗ったということで良しとします。

後はボディに取り付けて完了です。

塗装が完了したフロントフード

塗装が完了したフロントフード

本当は2日ぐらい掛けてじっくり塗装する方がいいかもしれませんが、涼しい日がこの日しかなかったので、1日で終了です。涼しくなった秋にでも気が向いたら磨き&塗装を行いたいと思います。やるかどうかわかりません・・・(笑)

SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン プラサフ 08003 [HTRC2.1]

SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン プラサフ 08003 [HTRC2.1]

定価:¥ 1,021

Amazon価格:¥ 461

カテゴリ:Automotive



SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン ツヤ消し黒 08005 [HTRC2.1]

SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン ツヤ消し黒 08005 [HTRC2.1]

定価:¥ 1,296

Amazon価格:¥ 740

カテゴリ:Automotive