金環日食
 本日開催された最大のイベント金環日食!下記にその事と写真を掲載しておきます。ハッキリ言って写真はぼろぼろでした。上の写真が一番きれいに採れた金環日食です(^^ゞ。けど、この最大のイベントの記録を残しておきたいので書いておきます。

浜松の早朝は曇り

 今日までの天気予報ではいずれも静岡県は曇りの予想でした。金環日食は見られないのかと半分はあきらめていましたが、所詮は天気予報。外れることを祈って5月21日を向かえました。

 朝6時過ぎに外を見てみると下記画像のように浜松の東側は厚い雲に覆われています。

雲おおわれた浜松東側の空

雲おおわれた浜松東側の空

日本一晴れる浜松に晴れ間が!

 この天気では金環日食は見られないかな?と思いながら朝のニュースを見てみると東京や名古屋では日食を見ることができるとのこと。日本一晴れる場所である浜松が、なぜこんな時に曇っているんだろう?!と、半分怒り気味で空を眺めていると、東の方から少し晴れ間が・・・。

 7時過ぎ、なんと東の方から晴れてきました!そして、明るい太陽の光が降り注いできました!
「やった~!神様ありがとう!」
と、思わず言いたくなるような晴れ間です。

意外と明るい金環日食

 はじめはもちろん徐々に太陽がかけていく日食です。その後、7時30分頃に完全な金環日食になりました!太陽グラスで太陽を見てみると、本当にきれいなリングができていました。まるで指輪のように美しかったです!その時に気がついたのが、思ったよりも明るいんだということです。金環日食になる前は結構暗くなってきて夕方ぐらいに感じました。きっと、金環日食になるとかなり暗くなるんだろうなと思いましたが、実際にはそれほどでもありませんでした。もちろん、暗いことは暗いのですが、よるというほど暗くはなかったです。

ボケボケ写真集

 その金環日食になる前の日食や金環日食の写真を下記にアップしておきます(クリックで拡大)が、ハッキリ言って全部ボケボケです。気が向いたら見てください。やっぱりしっかりフィルタをつけたデジイチじゃないと無理ですね(笑)

最後に

 今回の金環日食は一生に一度しか浜松で見ることはできない大イベントでした。結構前から楽しみにしていたのに曇り空だったときは、本当に残念でしたが、雲が晴れて太陽が出てきたときは本当に嬉しかったし、楽しかったです。もう二度と見ることがない5分間の大イベントは本当に楽しかったです。ありがとう!

2012年5月21日 金環日食

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。