865360_15207513

現代はIT化が進んで一家に1台のパソコンがあっても特に不思議ではない時代になりました。携帯電話まで含めてしまうと一人1台と言っても過言ではないでしょう。その様なものを全てひっくるめてITという言葉でまとめることができると思うのですが、そのITの歴史はどの位前からあるのでしょうか。

ITとはインターネット テクノロジーの略ではなくインフォメーション テクノロジー(Information Technology)の略です。その意味は情報技術という言葉にまとめられてしまうのですが、情報技術の歴史はどこからというとなかなか線引きは難しいです。Windowsが発売された時期を言うのか、コンピュータが開発された時期、もしくはコンピュータの元でもある電子計算機が発明された時期でしょうか?「どこから?」というと難しいですね。

そんなITの歴史の中で重大事件トップ10をまとめた記事がありましたので下記に紹介します。

IT市場の重大事件トップ10をまとめてある記事はこちらです。

IT史上の重大事件–トップ10 – IT業界を生き抜く秘密10箇条 – ZDNet Japan

この記事のトップ10の項目だけをあげると下記のようになります。

  1. COBOLの開発 (1959年)
  2. ARPANETの登場 (1969年)
  3. UNIXの創造 (1970年)
  4. 初めての「二枚貝型」ラップトップ (1979年)
  5. Linus Torvalds氏のLinuxへの取り組みの開始 (1991年)
  6. Windows 95の出現 (1995年)
  7. 90年代のドットコムバブル (1990年代)
  8. Steve Jobs氏がAppleに再び参画 (1996年)
  9. Napsterの創造
  10. Wikipediaの開始 (2000年)

「これがトップ10か?」という意見もあると思いますが、皆さんならどんな事件をIT史上重大事件トップ10にノミネートさせますか?