130304-ヘールポップ彗星

 既にご存じの方もいると思いますが、今月の10日以降にパンスターズ彗星が訪れちょっとした天体ショーが行われるかもしれません。下記にそのパンスターズ彗星の情報を簡単に明記します。

 御存知の方がどれだけいるかわかりませんが、1997年にへールポップ彗星が太陽に最接近し、地球、日本から美しい尾を出した彗星が肉眼で確認することができました。私は星のことはあまり詳しくないのですが、この彗星を写真に収めたくてミノルタの一眼レフカメラを買ってきて、撮影したのを覚えています。その撮影した写真が上記の写真です。私がカメラに興味を持ったのはここからです。けど、知識や腕はその時と何も変わっていませんが(^^;)

 ちょっと話がずれてしまいましたが、今回、地球近くにやってくるパンスターズ彗星は2011年にハワイのパンスターズ1望遠鏡が発見しました。この彗星は太陽系に対して垂直に進んでいて今年の3月10日に太陽へ最接近するとのこと。その後は太陽から離れていき、2度と太陽系には来ないそうです。つまり、一生に一度だけ見ることができるかもしれない彗星となります。

 明るさは学者によってさまざまで肉眼で見えるという人もいれば、見えないという人も。実際にその星の明るさを予測するのは難しいらしいので、当日、期待して眺めているともしかしたら見えるかもしれません。

 実際に見られる日時ですが、情報によると

  • 3月10日からは日没後の西空
  • 3月下旬から4月上旬は日没後の西の空と日の出前の東の空

とのこと。いずれもかなり低い位置で見られるということなので木や建物、山などがない見晴らしの良い場所が良いかもしれません。浜松なら海が一番かな?

 詳しい情報は下記リンク先に載っていますので、興味のある人は覗いてみてください。実際に見られるかわかりませんが、今回も先日買ったデジタル一眼レフカメラで撮影に行ってみようかな?星を一眼レフカメラで撮る方法を解説したリンク先も下記に明記しておきます。

国立天文台 | パンスターズ彗星
パンスターズ彗星を見つけようキャンペーン
初めてでもカンタン!綺麗な星空写真の撮り方 | nanapi [ナナピ]

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。