お茶

 毎年この時期になると悩まされるのが「花粉症」。もう、20年以上の付き合いです。

 そんな花粉症に有効とされたお茶「べにふうき」なる品種を1年間飲み続けて、花粉症に効くのかを自ら試した結果を下記に明記しておきます。

 1年前にある店でお茶の店頭販売を行っていました。その中にはいろいろな種類のお茶が売られていたのですが、その販売員に勧められたのがべにふうきの粉末でした。べにふうきは以前から花粉症に有効と聞いていて、時々飲んだりしていたのですが、この粉末のお茶なら価格もリーズナブルなので毎日飲み続けることができると思い購入してみました。

 購入したべにふうきはお茶っ葉を粉末にしたもので、小さじ半分ぐらいをお湯に溶き、溶いた粉末ごと毎朝一杯飲むようにしてきました。飲み続けること一年間。ちょっと飲んだだけでは効果はないと聞いていたのですが、一年間飲み続ければ何かしらの効果があると信じていました。

 そして、今年もついにスギの花粉が飛ぶ時期になり、天気予報でもスギ花粉情報が始まりました。バレンタインデーの翌日である2月15日、朝からくしゃみと鼻水の対決!鼻からは止めどもなく垂れ流れてくる鼻水(汚くてすみません)。もう、どうにもならないので、医者から事前にもらっておいた抗ヒスタミンの薬(ニポラジンなど)を服用。けど、すぐに効くわけでもないのでダラダラ流れる鼻水と対決しながら、薬の副作用である強烈な眠気と対決した1日でした(T_T)

 結論から言うと、少なくとも私にはお茶のべにふうきは何の効果もないことがわかりました。体質を改善し、べにふうきを飲むなどすれば何かしらの効果があるのかもしれませんし、人によってはべにふうきが有効かもしれませんが、少なくとも今の私には効果がありませんでした。

 毎年悩まされる花粉症。一生付き合うしかないのかな・・・。憂鬱になる初春でした。