蟻

 先日、北海道大学の先生がアリ(蟻)の集団で働かないアリは必要というニュースが流れました。これを見て一つ思い出したので、下記に明記しておきます。

 このニュースは集団で生活するアリの中で2~3割のアリが働かないでいるそうです。そのアリは働いているアリが疲れてしまったときに働き出し、交代要員として役に立ち、そのアリの集団のバランスが取れているとのこと。

 逆にこのサボっているアリがいない集団は交代する要員(アリ)がいないため絶滅してしまうそうです。

「働かないアリ、集団の絶滅防ぐ」…北大チーム : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
アリのコロニーを長期存続させるためには働かないアリも必要だった – 北大 | マイナビニュース
組織の長期的存続には“働かないアリ”が必要――北大研究 – BIGLOBEニュース

 このニュースを見て思い出したのですが、人間界には優秀な人たちもいればそうでない人たちがいます。これは人間界だけではなくそれ以外の動物や昆虫の世界でも同じで、優秀な人や動物は全体の2割ぐらいで、そうでない人たちも2割ぐらいいるそうです。残りの6割はごく普通の人たちになります。

 ここで、優秀じゃない人たちを排除すればいい人と普通の人だけになり、安定した社会ができるのかというと、そうではなくその優秀な人と普通の人の中から2割ほどの人がそうでない人になってしまうそうです。つまり、どんなに排除したり人数を調整しても全体の2割は優秀で、2割はそうでない人になってしまうそうです。

これって先のアリの集団で2割ほどが休んでいるのと関係があるんでしょうかね?ふと思ってしまいました。どちらもなかなか面白い研究ですよね。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。