Canonのインクジェットプリンターの破損と修復

Canon PIXUS 6500i

 仕事用のプリンターとして使っているCanonPIXUS 6500iというA3対応のインクジェットプリンターはもう何年使い続けているだろうか?発売日が2003年とあるので、おそらく、5年ぐらいは使っていると思います。

 そのプリンターが先日、カラーインクがでなくなり、エラーの表示が。1台しかないカラープリンターが壊れると、いろいろと不便なことがあります。修理に出せばおそらく直るだろうが、1台しかないプリンターが無くなるのは結構痛い。何とか自分で直せないものかと、すったもんだした様子とその結果を下記に明記しておきます。

不具合発生!

 ある時、あるカラーの印刷物をインクジェットプリンターのPIXUS 6500iで印刷すると、黒は表示されるのですが、その他のカラー色が縞々模様。おかしいな?と思いながら、何度か印刷すると、今度はカラーが何も印刷されなくなりました!

 こりゃまずい!と思いプリンタードライバーでプリンターのヘッドを掃除する「強力クリーニング」を何度か実施するも改善する様子は無し。

 すると、その内、プリンターのインジケーターランプが黄色(正確にはオレンジ)に7回点滅。慌てて、プリンターのマニュアルを引っ張り出して、その点滅を調べてみると

プリントヘッドの不良
プリントヘッドを取り外し、接点部の汚れを確認し、取り付け直す。
※それでもエラーが解決されない場合は、プリントヘッドが故障している可能性があります。お買い求めの販売店、または修理受付窓口にご連絡ください。

と表記されています。さらにパソコンのプリンター情報は下記のようなエラーメッセージが表示されていました。

「オペレータエラーが発生しました。プリンタのリセットボタンを押してください。エラーが解除されない時は、いったん印刷を中止してプリンターの電源を切り、もう一度電源を入れてください。」のエラーメッセージ" title="PIXUS 6500iのエラーメッセージ

PIXUX 6500iのエラーメッセージ

プリンターヘッドが販売終了

 これは完全に御臨終状態。今までのエラー内容からするとプリンターヘッドを交換するしかなさそうです。

 けど、Canonのインクジェットプリンターは幸にしてヘッドだけの交換が誰でもできるように、ワンタッチで交換することができます。過去にも一度だけ交換したことがありますが、ヘッドの価格が数千円の前半ぐらいしてちょっと割高だけど、ここは仕方がないので購入することに。いざ買いに行く前にどの位の価格かネットで調べてみました。

 しかし、どこを調べてみてもプリンターヘッドの価格が掲載されていません。おかしいな?と思ってCanonのサイトを見てみると下記リンクが・・・。

プリントヘッド部品の販売中止について

 中には

2009年2月10日をもちまして、インクジェットプリンター/パーソナル向けFAX用プリントヘッド部品の販売を終了させていただきました。

印刷不具合が発生した場合に、部品であるプリントヘッドを交換することにより印刷品質の改善を試みるケースがございましたが、プリントヘッドの交換だけでは印刷品質が改善しないケースもあり、プリントヘッド以外の点検・修理が必要であるとの判断からとなります。

 え~~~!確かにヘッド交換だけでは完璧ではないかもしれないが、何も販売を終了しなくても・・・orz

自分で修復を!

 もう、売っていないものは仕方がありません。直すには修理に出すしか方法はありません。けど、まだ対策があります。そう、自分で直すことです。どうせ修理に出すならダメ元でやってみよう。ということで自分でプリンターヘッドの修理をやってみました。(「修理」と言うほどのこともありませんが)

PIXUS 6500iのプリンターヘッド

PIXUS 6500iのプリンターヘッド

 まずは症状を振り返ってみます。まず、おかしかったのはカラーのインクが擦れて、その内に出なくなってしまいました。おそらく、ヘッド内のインク詰まりではないかと勝手に予想。

目詰まりがおきていると思われるプリンターヘッド

目詰まりがおきていると思われるプリンターヘッド

目詰まりを直す

 さて、この目詰まりをどのようにして直せばいいのか?針などで突っつくほど大きな穴ではありません。

 そういう時はネットで調べるに限ります。すると「ぬるま湯に付けると直る」みたいな情報をGet!

 早々、このプリンターヘッドからインクボトルを取り外し、指で触れるぐらいの温度のお湯につけてみました。

ぬるま湯に浸かるプリンターヘッド

ぬるま湯に浸かるプリンターヘッド

 情報では20分程度と書かれていましたが、2度ぐらい水を交換してTotal 12時間つけ込んでみました。最初は黒ばかりしみ出てきたのですが、その内、青、赤と色が出てきました。黄色は色が色だけにしみ出てきたのかは不明。

 12時間後、プリンターヘッドの表面をティッシュでたたきながら拭き取ると、まあ、きれいな表面となりました。

きれいになったプリンターヘッド

きれいになったプリンターヘッド

 その後、新品のインクタンクを取り付け、プリンターにセットして、いざ、テスト印刷を!と思ったのですが、残念ながら印刷ができません。なぜかというとプリンター本体のインジケーターランプが黄色の7回点灯を続けたままで、解除ができないのです。電源のON/OFFを繰り返しても一緒。

 もしかしたら、ヘッドにはRAM等が入っていて、エラーを記憶しているのかもしれません。回路関係については私は無知。手の施しようがありません。しかたなく、諦めることとしました。

プリンター購入

 プリンターの復活が望めないので、修理に出そうかどうしようかと思いました。けど、プリンターはある意味、消耗品でもあります。5年近くもし使用してきたプリンターですが、買い換えも必要かもしれません。そこで、近くの電気屋さんへ足を運ぶことに。

 するとA4プリンターですが、同じくCanonのPIXUS iP4700が12,800円で販売していました。

 その場で結構悩みましたが、A3を印刷する機械もかなり少ないことやランニングコストが今のプリンターは結構かかることから購入を決断。

あら?復活?

 翌日、何気なくPIXUS 6500iのプリンターを起動してみると・・・おっ!・・・インジケーターランプが緑で点灯!復活です!

 理由はよくわかりません。とにかくプリンターの頭脳は「異常なし」と判断してくれました。これは完全復活か?と思って、早速、テスト印刷を!

 すると、黒、青、赤、黄色の全ての色が表示されたのですが、下記の図を見てもらうと分るとおり、部分的に色がとびとびになり、まだら模様のままになってしまいます。

まだら模様のテスト印刷

まだら模様のテスト印刷

 もう何回かプリンターヘッドのつけ込みをするともしかしたら復活するかもしれません。予備プリンターとして気長に直してみようかと思います。

Canon PIXUS インクジェットプリンタ iP4700

Canon PIXUS インクジェットプリンタ iP4700

中古価格: ¥ 13,480 より

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2009-09-17


カテゴリー: Hardware タグ: , パーマリンク

関連記事

  1. ビーコン菅原 のコメント:

    レーザープリンタも買っておくといいよ。
    うんうん。

  2. Hibi のコメント:

    菅原さん

    レーザープリンタもほしいんですけどね。
    ただ、一番の問題が・・・置く所がない(;.;)

  3. dms3v9 のコメント:

    このプリンタではないでしょうか?

    http://cweb.canon.jp/e-support/information/pixus6100i-6500i.html

  4. Hibi のコメント:

    dms3v9さん

    正にこれですね!
    「現行後継商品への本体交換を実施させていただきます」
    とは修理価格で新しい本体がもらえるということですが、これって通常の修理よりお得なのかな?
    どちらにしても、情報ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>