マウス

先日から仕事で使用しているマウスのスクロールホイールの動きがちょっと変な動きをします。どのような動きかというと下スクロールを行おうとすると、画面が微妙に上に動いてから下に動きます。イメージとしてはチャタリングを起こしているような感じ。

新しいマウスを購入しようか考えながらツイートしたところ、知人から

少資源の日本
治すべし‼

のお言葉を。確かにマウスなんてそんなに凝った構造ではないので、バラして掃除してみることにしました。その様子を下記に画像と共に明記しておきます。

現在、利用しているマウスはELECOMM-XG2UBシリーズです。大きくて手に馴染むので結構お気に入りのマウスです。

さて、マウスを掃除するにはバラす必要があるのですが、一見するとネジ等が見つかりません。けど、最近の機器って背面のパッド下に隠していることが多いので、マウス下にあるスベスベパッド(名前がわからん!)をマイナスドライバーなどでめくってみます。

赤枠内のパッドを剥がしてみる

赤枠内のパッドを剥がしてみる

すると、案の定、ネジが5本表れました。

パッド下にネジ発見!

パッド下にネジ発見!

しかし、このネジがちょっとくせ者でプラスでもマイナスでもない「Y」型のネジでした。

「Y」型の特殊ネジ

「Y」型の特殊ネジ


さて、このような形状のドライバーはないので、どうしようかとも今したが、マイナスの精密ドライバーでチビチビと回したら簡単に外れました。最近、こういう特殊ネジを使う機器が多いですが、普通のプラスやマイナスのネジにしてほしいですね。自分でメンテナンスぐらいさせてほしいものです。

さて、ネジを外し終わると簡単にマウスが2つに分かれます。案の定、中身は空っぽです(^^;)

2つに分解したマウス

2つに分解したマウス

ホイールスクロールの部分を拡大してみると下記のような感じで、ホコリが結構溜まっています。

分解したホイールスクロール部

分解したホイールスクロール部

斜めから見るとこんな感じです。矢印部分は左右のクリックボタンです。

矢印部分が左右のクリックボタン

矢印部分が左右のクリックボタン

クリックボタンの後ろに下の基板を止めている爪があるのでそれを外すと基板と共にホイールも外すことができます。

基板と共にホイールも分解

基板と共にホイールも分解

ここまでできたら後はエアブロー(エアーダスター)でビュービュー吹きながらホコリ等を飛ばして掃除します。完了したら、後は逆に組み立てるだけです。

さて、掃除が終わったマウスですが、各スイッチ等の動作は分解前と変わらず動き、問題のスクロールもチャタルことなく問題解決した模様です。

マウス表面は使う古した感じでとてもキレイとは言えませんが、スッキリ直って今まで通り手に馴染んでくれるとやっぱり嬉しいですね。

エレコム エアダスター ECO 逆さ使用OK ノンフロンタイプ 3本セット AD-ECOMT

エレコム エアダスター ECO 逆さ使用OK ノンフロンタイプ 3本セット AD-ECOMT

定価:¥ 2,808

Amazon価格:¥ 706

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2011-10-06