Freedom 251

 既にご存じの方も多いと思いますが、知らない方もいるかもしれないので紹介します。

 日本ではスマートフォンの価格は数万円が一般的ではないでしょうか?安くても1万円ぐらいはします。そんなスマートフォンをタバコ1箱分のる約420円で販売したところがあるというので驚きです!その詳細は以下の通りです。

 420円のスマートフォンを発売したのはインドの携帯電話メーカー「Ringing Bells」という会社で、「Freedom 251」というスマートフォンになります。スペックは以下の通り。

  • ディスプレイ:4インチ
  • CPU:1.3GHz クアッドコア
  • メモリ:1GB RAM
  • 記憶容量:8GB
  • カメラ(バック/フロント):320万画素/30万画素
  • OS:Android 5.1

 もちろんスペックとしてはそれほど高いものではありませんが、価格と比較すれば十分じゃないでしょうか。それも1年間の保証が付いているというから驚きです。

 インドはITを促進しているそうなので、行政のバックアップがあってこのような価格が実現したのではないかとも言われています。。

 それにしてもこの価格は破格な値段ですよね。販売はインドだけということなので、日本には普通では入ってきません。けど、ここまで安いスマホじゃなくても、今よりも低価格なスマホを作ろうとする日本企業があってもおかしくないかもしれません。ぜひ期待したいものです。

Freedom 251 india first most affordable smartphone by ringing bells.

【参考サイト】
世界最安 420円のスマホがインドで発売。スタバ1杯分、iPhone 6sの約0.5%の値段 – Engadget Japanese
世界中で驚きの声…世界最安420円のスマートフォンがインドで販売開始:らばQ
超激安400円台のスマホ「Freedom 251」 – GIGAZINE
世界最安420円スマホ 印地元メーカー発売に「不可能だ」大手反発 (産経新聞) – Yahoo!ニュース