Intel Compute Stick

 昨年、スティック型Windowsパソコン「m-Stick MS-NH1」を紹介させて頂きましたが、今度はCPUメーカーのIntelが同じよなスティック型Windwosパソコン「Intel Compute Stick」を発売するとのことです。その詳細は以下に。

 Intelが発売するスティック型パソコン「Intel Compute Stick」はCPUにBay TrailのクアッドコアAtomとし、メモリが2GB、ストレージが32GB、OSがWindows 8.1 with Bingのタイプ(149ドル前後)とメモリが1GBでストレージが8GB、OSがLinuxのタイプ(100ドル以下)の2種類を発売するそうです。インターフェイスはHDMI、micro SDスロット、Micro USB、USB、を搭載するとのこと。発売時期は3月を予定。

 日本ではいくらで発売されるかが気になります。マウスコンピューターの「m-Stick MS-NH1」もそうですが、使い方によっては低価格で便利なPCになるかと思います。

Intel® Compute Stick(英語)
【イベントレポート】【速報】Intel、HDMIスティック型PCを3月投入 ~149ドルのWindowsと100ドル未満のLinuxモデル – PC Watch
2015 CES:Intel、スティックPC「Intel Compute Stick」を147ドルで3月出荷 – ITmedia PC USER

mouse パソコン スティックPC MS-NH1-AMZN Win8.1/2GB/32GB

mouse パソコン スティックPC MS-NH1-AMZN Win8.1/2GB/32GB

定価:¥ 19,800

Amazon価格:¥ 14,484

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2014-12-19