140407-aruki-sumaho

 「歩きスマホ」って言葉をご存知でしょうか?解説するまでもなく、歩きながらスマホを操作・閲覧していることをいうのですが、これが危険!何せ、前を見ないで(ほとんどが本人は見ているつもりでも、見えていない状態)歩いているわけですから、人や物、車などにぶつかって、怪我や酷い場合は死者も出るほど危険な行為です。

 けど、ついつい夢中になって歩きながらやってしまうのもわからないでもないです。けど、先にも書いた通り危険な行為なので、その行為に気がついて、しかし、スマホがやめられないのであれば最低でも安全な場所に移動してとどまるようにしましょう。

 さて、前置きが長くなってしまいましたが、携帯電話のドコモ歩きスマホがどれだけ危険であるかがわかるシミュレーションを行い、その内容が動画でアップしましたので下記に紹介します。

 動画を見て頂ければ大体はわかると思いますが、東京の渋谷にあるスクランブル交差点で1500人全員がスマホをやりながら交差点を渡ったらどうなるかを検証するシミュレーションです。

 先に結果を書いてしまうと

  • 衝突件数:446件
  • 転倒件数:103件
  • スマホ落下件数:21件
  • 横断成功者:547人

と、いう結果です。最後の横断成功者は全体の1/3が渡れなかったということです。

 もちろんこれはシミュレーションで全員がスマホを見ながら横断するなんてことはあり得ませんが、どれだけ危険であるかはわかるのではないでしょうか?危険だとわかったら歩きスマホはやめましょう。

スマホは捨てろ!

価格¥43

順位936,605位

鈴木 進介

発行扶桑社

発売日2013/05/08

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API