データベースウィンドウ
 たまにはAccessネタを。

 旧Accessの2003までにはデータベースウィンドウという物がありました。Accessを開いたときに最初に表示されるウィンドで「テーブル」「クエリ」「フォーム」などのボタンがあるウィンドのことです(上記画像を参照)。Access2007や2010では形や名前は違う物の似たような物がありますね。

 Accessでアプリケーションを作っているときにそのデータベースウィンドウが開いてほしくないときがありますが、下記にそのデータベースウィンドウを開かせない3つの方法を明記しておきます。

「起動時の設定」でセット

 最も簡単な方法ですが、メニューバーの「ツール」-「起動時の設定」で「データーベース ウィンドウの表示」のチェックボックスをOFFにすると、起動時に表示されなくなります。ここでは起動時のフォームの設定などいろいろな設定ができます。

起動時の設定で「データベース ウィンドウの表示」をOFFに

起動時の設定で「データベース ウィンドウの表示」をOFFに

マクロでセット

 新規マクロを作成して2つのアクションを作成します。1つめは「オブジェクトの選択」にし、アクションの引数を下記の通りにします。

  • オブジェクトの種類:フォーム
  • オブジェクト名:(空)
  • データベースウィンドウ内:はい

 次のアクションを「コマンドの実行」にし、アクションの引数を下記の通りにします。

  • コマンド:ウィンドウを表示しない

 これで「AutoExec」というマクロ名で保存すれば起動時にデータベースウィンドウが表示されません。ちなみに「コマンドの実行」のアクションの後に「フォームを開く」のアクションにして、任意のフォームを設定すれば起動時にフォームが開きます。

マクロでデータベースウィンドウを設定

マクロでデータベースウィンドウを設定

VBAでセット

 私はVBAでデータベースウィンドウの設定をしたことはないのですが、マクロでできるのであればVBAでも可能なはずです。起動時に表示するフォームの「開く時」のイベントに下記のコードを書きます。

Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)
    DoCmd.SelectObject acForm, "", True
    DoCmd.RunCommand acCmdWindowHide
End Sub

最後に

 私の場合、ほとんどがメニューバーの「起動時の設定」でセットしていますが、時々、マクロで設定を行っています。マクロで設定した場合、環境にもよるのかもしれませんが、起動時に一瞬だけデータベースウィンドウが表示されます。これが自分的にはあまり好みません。実際に使う場合は、本当にデータベースウィンドウの表示が不要なのか、どの方法がいいのかなどを自分なりにしっかり吟味しておつかいください。

Accessのデータベースのツボとコツがゼッタイにわかる本

著者/訳者:立山 秀利

出版社:秀和システム( 2008-11-25 )

定価:

単行本 ( 287 ページ )

ISBN-10 : 4798021237

ISBN-13 : 9784798021232