Accessでよく使用されるFormat関数でカスタム(オリジナル)書式で表示する場合の日付書式指定文字をまとめます。

  • /
    日付の区切りを指定します。
    例) Format(“2006年4月11日”, “yy/mm/dd”) → 06/04/11
  • c
    Windowsのコントロールパネルの「地域と言語のオプション」で指定した表示方法になります。
    例) Format(“2006年4月11日”, “c”) → 2006/4/11 12:13:14 など
  • d
    日にちを表示します。1桁の日にちの場合は1桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “d”) → 1
  • dd
    日にちを表示します。1桁の日にちの場合は先頭に0をつけて2桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “dd”) → 01
  • ddd
    英語の3文字で略した曜日を表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “ddd”) → Sat
  • aaa
    日本語の曜日を1文字で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “aaa”) → 土
  • dddd
    英語で曜日を表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “dddd”) → Saturday
  • aaaa
    日本語で曜日を表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “aaaa”) → 土曜日
  • ddddd
    定義済み書式「Short Date(日付(S))」と同じです。
    Windowsのコントロールパネルの「地域と言語のオプション」で指定した表示方法になります。
    「ddddd」と入力してもデザインクエリでは自動で「日付(S)」と変換されます。
    例) Format(“2006年4月1日”, “ddddd”) → 2006/4/1 など
  • dddddd
    定義済み書式「Long Date(日付(L))」と同じです。
    Windowsのコントロールパネルの「地域と言語のオプション」で指定した表示方法になります。
    「dddddd」と入力してもデザインクエリでは自動で「日付(L)」と変換されます。
    例) Format(“2006年4月1日”, “dddddd”) → 2006年4月1日 など
  • w
    曜日を数値で表示します。
    日曜日は「1」、土曜日は「7」となります。
    例) Format(“2006年4月1日”, “w”) → 7
  • ww
    指定日が一年間で何週目に当たるかを表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “ww”) → 13
  • m
    月を表示します。1桁の月の場合は1桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “m”) → 4
  • mm
    月を表示します。1桁の月の場合は先頭に0をつけて2桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “mm”) → 04
  • mmm
    月を表示します。英語の3文字で略した月名を表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “mmm”) → Apr
  • mmmm
    英語で月名を表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “mmm”) → April
  • q
    一年のうちでどの四半期になるかを表示します。
    1月から3月は「1」、7月から9月は「3」になります。
    例) Format(“2006年4月1日”, “q”) → 2
  • g
    和暦の頭文字を英字で表示します。(M、T、S、Hなど)
    例) Format(“2006年4月1日”, “g”) → H
  • gg
    和暦の頭文字を日本語1文字で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “gg”) → 平
  • ggg
    和暦を日本語で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “ggg”) → 平成
  • e
    和暦の年を表示します。1桁の年は1桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“1996年4月1日”, “e”) → 8
  • ee
    和暦の年を表示します。1桁の年は先頭に0をつけて2桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“1996年4月1日”, “ee”) → 08
  • y
    1月1日から何日経過しているかを換算して表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “y”) → 91
  • yy
    西暦を末尾2桁で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “yy”) → 06
  • yyyy
    西暦を4桁で表示します。
    例) Format(“2006年4月1日”, “yyyy”) → 2006