Accessでよく使用されるFormat関数でカスタム(オリジナル)書式で表示する場合の時刻書式指定文字をまとめます。

  • (コロン)
    時刻の区切りを指定します。
    例) Format(“10時8分15秒”, “hh:nn:ss”) → 10:08:15
  • h
    時間を表示します。1桁の時間の場合は1桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“6時8分15秒”, “h”) → 6
  • hh
    時間を表示します。1桁の時間の場合は先頭に0をつけて2桁で表示。。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“6時8分15秒”, “hh”) → 06
  • n
    分を表示します。1桁の場合は1桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“6時8分15秒”, “n”) → 8
  • nn
    分を表示します。1桁の場合は先頭に0をつけて2桁で表示。。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“6時8分15秒”, “hh”) → 08
  • s
    秒を表示します。1桁の場合は1桁で表示。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“6時8分5秒”, “s”) → 5
  • ss
    秒を表示します。1桁の場合は先頭に0をつけて2桁で表示。。2桁の場合は2桁で表示します。
    例) Format(“6時8分5秒”, “ss”) → 05
  • AM/PM又はam/pm
    時間を12時間単位で表示し、午前、午後の表記を大文字又は小文字のAM,PMで表示します。
    例) Format(“6時8分5秒”, “hh:nn:ss AM/PM”) → 06:08:05 AM
  • A/P又はa/p
    時間を12時間単位で表示し、午前、午後の表記を大文字又は小文字の1文字A,Pで表示します。
    例) Format(“6時8分5秒”, “hh:nn:ss A/P”) → 06:08:05 A
  • AMPM又はampm
    時間を12時間単位で表示し、午前、午後の表記をWindowsの地域と言語のオプションで指定した午前、午後で表示します。
    例) Format(“6時8分5秒”, “AMPM hh:nn:ss”) → 午前 06:08:05
  • ttttt
    Windowsの地域と言語のオプションで指定した形式で表示します。
    例) Format(“6時8分5秒”, “ttttt”) → 06:08:05 など