Access 2007のオプションのセキュリティセンター

現バージョンのAccess 2007(Office 2007に含まれているExcel 2007等も含めて)は前バージョンよりもセキュリティが強化されています。

そのセキュリティでは指定したフォルダ(ディレクトリ)以外はマクロ(VBA)が動作しないようになっているのですが、今回、その指定フォルダを追加しようとしても追加できないケースがありましたので、その対策方法を下記に明記しておきます。

先日、メインで使用しているパソコンにAccess 2007(正確にはOffice 2007です)をインストールしました。今まではOffice 2003のAccessを使用していたのですが、2007が出てからだいぶ経つのでそろそろいいかな?と思ってインストールしてみました。ちなみに開発用の環境ではAccess 2007はインストール済です。

今のAccess(Office全般もそうですが)ではセキュリティ性をかなり強化しているため、制作したファイル類にマクロ(VBA)が含まれているとそのままではマクロを実行することができません。

Access 2007ではAccessの左上にある「Officeボタン」をクリックして「Accessのオプション」で「セキュリティセンター」-「セキュリティセンターの設定」をクリックするとセキュリティの設定が行えます。その設定は色々あるのですが、私がもっとも利用するのが「信頼おける場所」で指定したフォルダ(ディレクトリ)内ではマクロが利用できるようにするという機能を使用しています。

Access 2007 セキュリティセンター

Access 2007 セキュリティセンター

そこで、いつもの開発環境のようにセキュリティセンターの「信頼おける場所」を選択して「新しい場所の追加」をクリックし、該当するフォルダを選択して、「この場所のサブフォルダも信頼する」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリック。通常ならこれで設定は完了なのですが

入力したリモート パスまたはネットワーク パスは、現在のセキュリティ設定ではできません。

のメッセージが表示されて登録ができません。

「入力したリモート パスまたはネットワーク パスは、現在のセキュリティ設定ではできません。」のメッセージ

「入力したリモート パスまたはネットワーク パスは、現在のセキュリティ設定ではできません。」のメッセージ

 「あれ?何で?」

と思って色々調べてみた結果、セキュリティセンターの

プライベート ネットワーク上にある信頼できる場所を許可する(推奨しません)

のチェックボックスをONにすると問題なく登録することができました。

「プライベート ネットワーク上にある信頼できる場所を許可する」

「プライベート ネットワーク上にある信頼できる場所を許可する」

なぜ、このチェックボックスはデフォルトでOFFとなっていて、尚かつ、「推奨しません」と書かれているかというと、パソコン内の信頼できる場所以外は危険の可能性があると判断し、ましてやネットワーク上のディレクトリとなれば複数のユーザからアクセすることができるので、他のユーザが危険なOfficeファイルをおく可能性があるため通常はOFFで「推奨しません」の文字が入っているのです。

このチェックボックスがOFFになっていると何度やっても上記のようなメッセージが表示されて登録ができません。

セキュリティが向上することはユーザーとしては嬉しいことなのですが、その分、作業が面倒となることは反比例的に増えてきます。セキュリティは利用ユーザが使える範囲内でセキュリティを上げるのか、それとも、セキュリティを優先的に上げて、その分、作業を犠牲にするかはここしばらくはどの企業、ユーザーでも課題になっていくでしょう。

30時間でマスター Access2007―Windows Vista対応
実教出版
売り上げランキング: 29826